ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人CEP・子どもひろば
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1448件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/08/10のBlog
[ 08:23 ] [ 発足20周年のアンケート集計 ]
昨年より準備してきました冊子原案が出来上がり
アドバイザー、現ボランティア、元ボランティア、の皆さんに
その一部を本日郵送しました。

まだ仮の編集途中ですが、目を通していただいてから
冊子に載せる文章を書いていただくようにお願いしました

ボランティアは原則3年~5年以上活動に参加された方、
アドバイザーはいじめ防止プログラムに関して
ご指導いただいた方々です。

やっとここまできました。
今後は出版費用の助成金を申請する計画です。

NPOの無記名のアンケートだから、子どもたちは正直に書いてくれたのでしょう、
子どもの生の声を皆さんに聞いてほしいと思います。


2018/08/07のBlog
夏休みに学童クラブを訪問して
ワークショップを実施しました。

学童の子どもたちは帰りが遅くなるので
不審者から自分を守る練習が大切です

それから、長時間一緒にいると
イジメも起きやすいので、ロールプレイで
コミュニケーションの練習をしました。


参加した子どもたちの感想の1部です
・そうするんだーっておもった
・こうゆうことをすればいいんだっておもいました
・いやなことを言われたらすぐ先生やお母さん、お父さんにはなす
 しらない人に食べ物をもらわない
・もしも郵便局においでといわれたときは交番に言ってけいさつにきいて
・小学生をねらう人がいるときいてきをつけようと思いました
・ついていっちゃいけない。おかあさんにつたえる。あとはとくにない
 ありがとうございました!!
・ぜったいしらないひとにはついていかない
・ふしんしゃとあったときにどうすればいいのかわかりました

2018/07/02のBlog
[ 06:32 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムはCAP「子どもの暴力防止教育」

Q1.あなたはじぶんのけんりをとられたことがありますか?
A. ある 17% ない 82%

Q2.あるとこたえた人それはどんな時でしたか?
A.・いじめられたとき
 ・けんかをしたとき
 ・○○さんに保育園や1年生の時

Q3.あなたはひとのけんりをとったことがありますか?
A. ある 6% ない 94%

Q4..あるとこたえた人それはどんな時でしたか?
A.・だれかが「○○さんのことすきなんだよ」と言ったこと
 ・弟と遊んだとき
 ・友だちの悪口を言ってしまった時

Q5.困ったことやいやなことがあった時話を聞いてくれたり信じてくれる人はいますか?
A. はい 89% いいえ 11%

Q6.それはだれですか?
A.・おかあさん ・おとうさん ・おねえちゃん ・ともだち
 ・いとこ ・はとこ ・きょうだい ・おばあちゃん ・おじいちゃん
 ・せんせい ・〇組のぜんいんきいてくれる ・親友 ・しんせき
2018/06/28のBlog
[ 11:51 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムはCAPワークショップ「子どもの暴力防止教育」
対象は3年生と保護者でした

この学校は今年で15年目になります。
以下は参加した子どもたちのアンケートの1部です

・人にけんりは、みんなあるんだな、いやなことがあったら、
 しんじてくれる人はいるんだなと思いました

・自分を守る方法がいっぱいあるとはじめて知った 

・ワークショップをやったのでいろいろ分かりました。もっともっといろいろ知りたいです

・わかったことは人のいいなりにならないで、自分で「いや」ということ(いやなときだけ)

・げきがじょうずでした。えといっしょにけんりやことばがかいてあったので、とてもわか
 りやすかった

・人のけんりをとったことはないけど、とられてはなしを聞いてくれるけど、けんりをとっ た人がはなしを聞いてくれる人の前にくると、たいどをよくしたり、けいごをつかったり
 するから、しんじてもらえないときもある

・ちゃんと勉強できたしわるいことと、いいことがわかったのでよかったです。
 げきもすごく楽しめました

・人にいじわるなことをされたら先生に言う(はずかしい時は友だちと行く)


・みんな同じようにいっしょなくらしをするためのじんけんを大切にしていかないと
 大変になることがわかりました。けんりをとられるのはかなしいと思いました
2018/06/25のBlog
[ 12:51 ] [ 新聞記事より ]

2010年に日本、韓国、中国、アメリカの高校生7千人に対して行われた
意識調査のデータがある。

「私は先生に優秀だと認められている」という問いに対して
「まったくそうだ」「まあそうだ」と肯定的に答えた高校生の割合は
韓国40%、中国55%、米国82%、日本18%だった

「親(保護者)は私が優秀だと思っている」は
韓国64%、中国77%、米国91%、日本33%

「自分が優秀だと思う」は
韓国47%、中国67%、米国88%、日本15%

「私は価値のある人間だと思う」は
韓国75%、中国88%、米国89%、日本36%

最初にこの結果を見た時、僕は心底びっくりした。それは2つの点だ
「私は価値のある人間だと思う」という問いに
46%の学生が「あまりそうでない」と答え、
17%の学生が「全然そうではない」と答えた
それはあまりに悲しい。
なんで君たちは自分をそんなに価値のない人間だと思っているのか?
そしてもう1つは「自分が優秀だと思う」という高校生が
海外ではこんなに多いことだ。

それは国民性であって日本人の美質だという意見もあるだろう

でもアメリカの家庭にホームステイしたりすればそれが分かる。
親も先生もとにかく誉めるそして多面的に誉める

人間必ずどこかは優秀なところを持っているものだ




・・・・・おそらく高校生だけでなく、大人でもこのような結果だと私は思います。
日本では「優秀」イコール勉強ができること、学力や学歴が高いことを
意味しているのでは?

しかし人間の能力はもっともっとたくさんあるはずです。
判断力、分析力、表現力、調整力、実行力、生命力、コミュニケーションスキル、発想力、忍耐力、発信力、包容力、まだまだありそうですね。

人間が優秀というのはその人のポテンシャルが高いこと、
潜在能力の可能性ではないかと私は思います。
日本の多くの子どもたちは優秀なのにそれを知らされてもいないし
気づいてもいないのがもったいないです。