ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人おおさか元気ネットワーク
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:96件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/10/10のBlog
[ 10:55 ] [ 日々のできごと ]
いつもの定例会。

今回は前回に引き続き会議のあとに山王丸さんのフェリスモンテ10周年に向けた記念誌づくりにご協力。

前回はフェリスモンテとOGN(みたいな)テーマで座談会をしたんです。

おもろいはなしがどんどん出てきてとってもすごかったですよ。

ホント下手な講演聞くより何倍もためになるお話しばかりでした。

さて今回は前回のごちゃわとした座談会の内容を記念誌用に文章におこしましたので確認しましょうということでした。

2時間近くの大座談会がA4紙3枚になってました(驚)

でも内容はすごく練れていて納得でした。まとめられた人、すごい技持ってますねw

フェリスモンテから差し入れていただいたお弁当を食しながらみんなで意見交換。

そのうち小林さんや有村さんからの近況報告?などからまた話は盛り上がり、どこまでも話しは盛り上がっていきます。

未熟者の私にはお腹も頭も満腹になるOGNの定例会でした。

そのうちOGNからそんな四方山話を集めた「本」が出たりして。

絶対買うなぁ。。。


A津
2008/09/26のBlog
[ 13:03 ] [ 活動内容 ]
もう2週間前の話になりますが富田林でのカフェの報告です


なぜ今頃というのは、昨日OGNの定例会がありましてそこでブログの話題になりました。するとおもむろに理事のwaqさんが

「A津さん、自分とこのブログにカフェのこと書いてたよねぇ。」

というフリで書いています。2週間も前なのに(←くどい)


さて、富田林はこれまで宝塚の森さんや狭山のwaqさん、松崎かんちょーなどいろいろと関わってこられていますし、地元でも金剛の岡本さんや結空間の中尾さんなど活動をされておられ、いわばひじょうーに縁のあるところですね


OGNからは山王丸さんと小林さん、地元富田林からは國司さん、岡本さんが話題提供されましたもったいないぐらい濃い内容です


4人のお話の後は交流会でした一人ひとりの自己紹介を聞きながら結構いろんな人が集まって来られてるんだなぁと感じました。


来た人すべてにいろんな話がきけたらベストなんでしょうが、なかなかそんな訳にはいかないので最後は惜しみつつ散会です


富田林、あなどりがたし。。。


関係のない話ですが、カフェの後、●十年ぶりの高校時代の同窓会ということで神戸に向かわれた高見社長はどうなったのでしょう


きっといつものように楽しいギャグを炸裂させて場を盛り上げておられたんだろうな


カフェの内容についてはあとからゆっくりのブログも見てくださいまし。


A津
2008/06/23のBlog
[ 15:18 ] [ NPO法人 ワークレッシュ ]
6月20日10時より
NPO法人アゴラ設立準備中の高辺台の高橋さん
~詳しくはHPをご覧ください~

高辺台というところ、先日ともっち保育園というところに‘緊急お迎え’に行ったばかりです。
狭山からは近いのです。

初めは、定款中の文言や理事の定数のことなど、事前に練られた内容についてアレコレ言わせてもらうだけでした。
でも、これだけ出来てるんだったらもう府庁(事前相談)に行かれてはどうですか、と予約を取り付けたところで、タイムアップ。。。なのですが、当日は2件目の相談が入っていなかったので、その後もいろいろ話を伺っていると・・・そのままご自宅に伺ってみたくなり、やや強引に突撃しました。
素敵すぎます
築1年のピカピカの自宅兼会社ですが、当初より人々の癒しの場として、というご夫婦の心意気があったそうです。
 (中略)
そしてそのまま(急きょ)、翌日夜のワークレッシュ合同会議改め食事会を、アゴラさんのホール&囲炉裏で催してしまいました。
囲炉裏端会議ならず。
食べすぎて頭回らず。

高橋さんご夫妻、お世話になりました
これからもよろしくお願いします。
2008/06/15のBlog
まじめ編
~前略・中略は、わくの勝手編集です~

Ⅰ.事業の実施方針

・・・財政の健全化や官僚機構の規律は市民活動やCBの発展によってこそ達成されるものである。
また、行政サービスが縮小したとしても、必要な社会的サービスは提供し続けられなければならない。
行政が明確なビジョンをもたず自らの役割を縮小するなら、新たな「公」としてのCBの活躍の場が拡大するのは自然の成り行きである。

・・・・ニュータウン問題や住宅密集地問題、介護・介護予防の課題、障害者の生活・就労問題、「ワーキングプア」や「ニート」問題など、今日の社会的課題を考えると、CBの質と量は決定的に不足している。

すでにCBの展開は、新たなステージに向っている。

・・・・こうした状勢にあってOGNがどんな役割を果たすのかが今日のテーマである。

大阪社会起業家育成支援プロジェクト「中間支援の基盤づくり事業」が平成19年度をもって終了した(社会起業家ファンドは存続)。
平成20年度はその成果を引き継ぎ、自主事業として、より広い可能性をもって活動を展開する。

第一は相談事業。
先輩起業家ならではの良き「相談役」として、「なんでも相談」・「個別相談」を受け付け、コンサルテーションにつなげる。
第二は起業家カフェおよび見本市(OGNフェスタ)。
さまざまな地域課題に挑戦する起業家のプラットホームとして、出会い、情報交換、協働の場所として位置づけ、さらに相談やコンサルテーションの場として活用していく。
第三はファンドレイジング。
相談事業やOGN会員をベースに、大阪府社会起業家ファンドをはじめ多様な資金調達につなげていく。

こうした活動のベースに据えるべきは、「起業家」、「経営者」、「リーダー」というキーワードである。
ミッション、パッション、ビジョンを併せ持つ社会起業家のネットワークの拡大・発展に寄与したい。


Ⅱ.事業の実施に関する事項 につづく・・・・
2008/06/14のBlog
[ 19:32 ] [ 日々のできごと ]
以前の森さんの投稿内容と重なりますが、わくも同じようなことを書きます。
合宿も総会も終わって、事務局体制も変わって、気持ちがガッシリしているのです

OGNの理事メンバーは、どんなに忙しくてヨロヨロであっても‘会議’には勇んで馳せ参じ、毎回ほぼ全員が揃います。
「じゃ、会議あるんでっ」と出てくるのです。
こんな理事会は本当にあまりないでしょう。

なぜ皆が集まるのか。

S丸さんは、「リーダーとしての自分のあり方を問う場」だと思って毎回来ている
とおっしゃっていました。

OGNは何でも言える場、でもある、と。
そして、外へ出たら・・・(以下部外秘)・・・と。

ココでは、心を打ち響く金言がたくさんうまれております。
しかし、強い共鳴のポイントは、人それぞれで少しずつ違うようです。
よって、皆が吐き出す言葉は、ほとんど金言(時に禁言)と言えるわけですなぁ。

会議中に出た名言については、いつも忘れないようにメモを取ったりしておりますが、御酒が入っていると「覚えとこう覚えとこう」と念じていても、「そう思っていた」ことだけは覚えている、という状況となっております。
(いや、血となり肉となっている、と思いたいのですが。)

そんなことの無いように、
Aづさんは、すぐに自分の携帯電話に記録するようにしておられるそうです。
「どんなこと?」と聞いても、やはり「秘密です」とのこと。
私だってほぼ秘密で~す。
(その秘密は‘現場’にあるのかも。)

いえ、でも‘笑い’を取れる名言が多いので、やっぱり持ち帰って言っちゃってるかな。

かように霊験あらたかな言霊によって、自家発電してゆく私たちであることよ。

わQ
2008/06/12のBlog
[ 19:45 ] [ 日々のできごと ]
h20年6月12日(木) 18:30~ ドーンセンターにて

 9名参加で毎月の定理理事会が行われました。事務局が寝屋川あいの会の佐藤さんと、ワーク21の森田さんが担当することになりました。藤木さんがやめたので大変です。
 福祉医療機構の助成金が取れたので、その事業を行いながら、ファンドのコンサルなどを行います。
2008/05/22のBlog
[ 16:28 ] [ NPO法人 宝塚NPOセンター ]
h20年5月20日(火)~21日(水)
 
 恒例の春の総会前の理事会は有馬温泉です。忙しいリーダーたちはなんだかんだと言い訳をつけながら、有馬へと走ります。
 昨年は山王丸さん(写真最前列、右から二人目)が病気で倒れ、参加できませんでしたが、見事にカムバックして、事業予算額2億4千万円というお話に沸きました。すごいですね。
 ありむら潜さんが、朝早くに出ましたが、みんなで11名でした。
 元気で、また、遊ぼうねといって解散し、職場に戻りました。

 総会は、5月29日(木)18:00からドーンセンターにて開催します。
2008/05/02のBlog
[ 00:27 ] [ 日々のできごと ]
先週、OGN事務局がある寝屋川に参りましたときの写真です。

5月になりました。いい季節です。
中旬には有馬の合宿ですねぇ
今年こそ早めに到着してゆっくり温泉につかるぞっ
今回は山王丸さんもご一緒できますね。

わく
2008/04/29のBlog
h20年4月29日(火)
 昨日、NPOジャーナルの取材が東京であり、日帰りで仕事をしてきました。
 今日はお休みでのんびりしています。その時、雑談でOGNのことを話していて気がつきました。
 OGNはリーダーの集まりです。そこで月1回理事会を開催し、事業の打ち合わせをし、その後飲み会が必ずあるのですが、この両方ともがとてもリーダーの成長に役立っていることに気づいたのです。
 飲み会では当然本音の話が飛び交い、癒しにも励ましにもなっていますが、理事会でも、みんなが働く組織ですので働きながら仕事が拡大していっています。
 リーダーの研修を行っているのと同じ効果があります。
NPOのリーダーはどこで育つのか、それはOGNでした。こんなリーダーのネットワークはどこにもないのではないでしょうか。
2008/04/23のBlog
[ 11:21 ]
はい。飲みに行きました。
4月も下旬に入ると、動き出しますねー。
今年は特に動きが多いです。気がします、というより、確実に。
お酒も飲みましたが、私は食欲もすごいです。

ワークレッシュもつい先日、すったもんだの挙句ようやく移転先が決まったところです。
GWは引越し作業でつぶれますなぁ

それからそれから、昨晩は、久しぶりに「あいの会」へ。
企画会議のお邪魔をしに。。。
その後三和代表の‘人生谷有り溝有り’のお話を拝聴したのでした。

わく
2008/04/17のBlog
[ 16:10 ] [ NPO法人 宝塚NPOセンター ]
h20年4月15日(火) 18:00~21:00 ドーンセンターにて

 久しぶりの理事会と思うくらい、みんな忙しい年度末でした。
しかも、事務局の藤木さんが病気で辞め、吉田さんも家庭の事情で辞められたので、大変。
 事務局は、寝屋川あいの会の佐藤さんと清水さんにお願いすることになりました。
 今日は総会の日を決めたり、次年度の事業を話しあいました。
終わってから、山王丸さん以外は飲みに行きました。
 総会の日は、5月29日(木)の18:00~です。
 理事会はその前に、5月20日(火)の夜、有馬です。
2008/03/20のBlog
[ 19:44 ] [ NPO法人 宝塚NPOセンター ]
h20年3月20日(木) 14:00~17:00
 大正区コミュニティセンター 2階和室にて

ルーシンダットン~タイ式ヨガ入門~に行ってきました。
私はヨガが好きなので、興味津々でした。
おなかとお尻を閉めながら行うヨガという感じで、絶対ダイエットにいいと断言します。
実は私もこれで、すごく痩せました。
コンサルに行きながら、ヨガを一生懸命やっていたら、疲れが取れました。昨日1泊2日で東京行きだったので、実はふらふらでした。それが、疲れが取れていました。
若い姫野さんですが、教えるのはお上手です。
終わってから、生徒さんの喫茶店で交流会をしました。
チャイの紅茶とチジミを食べました。
大正区にも慣れました。
姫野さんは3ヶ月間一生懸命チラシをまいたり、教えたりしました。
今日のイベントも10人くらい集まっていたし、3ヶ月でこれだけできたらいいほうかも。
Aダッシュワークでヨガの講座を持てないか打診中だし、
箕面市の「しばらく」に呼ばれたし、これからも、2・3ヶ所呼ばれているみたいで、一安心。
今日は寒かったですが、暖かい気持ちで帰りました。
2008/02/29のBlog
[ 17:25 ] [ NPO法人 宝塚NPOセンター ]
h20年2月23日(土) 9時半から17時まで
写真はシンポジウムの風景です。
テーマは「社会起業家がモット増えてほしい!!」です。
経済審議官の大塚氏のコミュニティビジネスをこれからどんどん啓発しますよという話や、大阪府の吹井氏の話、OGNの紹介、宝塚NPOセンターとSDFの紹介など釣島先生がコーディネーターでした。

あと、12団体のプレゼンがありました。大塚審議官がこられていたので、みんな一生懸命プレゼンをしたように思います。
近畿経産相の方もこられていましたし、今回はにぎわっていました。

後日、岸和田の竹炭工房はしごの川合さん(占い師でもある)が、昨年のフェスタと比べるとOGNのメンバーがこの1年で飛躍していたことに驚いたそうです。
特にワークレッシュの和久さんが輝いていたとのこと。
同じような企画でも1年たつと変化しているなんて、それを分かる人がいて評価してくださったことに感謝です。
大きくならなくてもいいから人間的に成長して行きたいと思いました。(森 綾子記)
2008/02/25のBlog
[ 10:43 ] [ 活動内容 ]
23日はドーンセンターでOGNフェスタ。
パネルディスカッションやバザール、出展者のプレゼンテーション、懇親会と、大変大変充実した時間でした。
お久しぶり~やっぱりココで会えたか~、という人、よぅ会うね~(というかいつものお仲間)という人。
しかしやはり「大人の話」にてちょっと緊張する関係もあり、楽し、です。

・・・・時の経つのは早いものです。
すぐ終わってしまいました。
いっぱいメモを取ったので、ふりかえりながら日々の取り組みに活かしてゆきます。

それから、毎年各ブースに並ぶ「食べもの」たちにシビレル私。
帰ってから、別途発注したのは、
「チーズ」「こんにゃく」「漬物」「干し柿」・・・1ヶ月待ちですって
手作りなんだからしょうがないです。

⇒写真は、お隣のブース!
2008/02/10のBlog
h20年2月7日(木)18:00~20:30 ドーンセンター内会議室
第1部:講演
1.ゲスト「もったいない」つないで NPO法人住まいみまもりたい 吉村悦子さん
「住まいに関する総合的窓口からCBへ 地域活性化をめざすNPO法人」
粗大ごみを出せない方から 亡くなった方の後始末 火事の後始末(貴重品を取った後のかたづけ)行政で引き取ってくれない電機機器など ごみコーディネーターとして いただくものはいただく きれいにした達成感を覚える 身内だったらと思い入るという心構えを持つ 野崎観音の商店街の近くに住んでいる 車も通れる 角地 隣近所を知っている 害虫駆除の人は、においのしないマスクを持っている 親しか大人と接していない子が変わる 

取り組む目的・目標を明確にした。 ・ニーズはあるのか ・協力の把握(市民・行政・企業・各種団体 産廃業者)シーズ:担い手をうまくつないでいる

利用者・活動者の喜びの声が生きがい
話題性 h16大阪府先導的CB創出支援事業
h18全国都市再生調査モデル事業
 h19社会起業家ファンド

2.ゲスト(有)コミュニティ企画 南野佳代子さん
「まちを発見」人をつなぐタウン誌の発行
1981年から地域のことを知らないよそ者の私が「ザ・淀川」を創刊した。知っている人に情報を集めてもらい編集を自分がした。
今はフリーペーパー「ザ・おおさか」も発行している
今は動くタウン誌といわれている。情報は人を結びつけるので、イベントもしてきた。顔が見える人間関係がまちづくりの基本 みんなが親しくなるようなイベントをしている
つぶされる予定のアパートを1週間借りて「かくれんぼ」をした。
13市という縁日もしている。人の間にいるのが安心観 行きたいところ、会いたい人が要るまちにしたい。しんどいけど、しているわけ。
ボランティアと思ったことがない。市民賞・きらめき賞をもらった。仕事なのかなんなのか分からない。一部5円配り代を支払っているが黒字。

 
いつものように、ゲストの話の後に飲みながらの交流会がありました。自己紹介のマイクが回り、楽しい時間が持てました。
次々、新しいメンバーが(特)おおさか元気ネットワークも増えています。濃い関係のNPOです。大阪独特かしら。
再び2次会へと突入。隣の客がうるさくて、疲れました。
写真は三和理事長と理事の和久さん。和久さん、仕事がうまく行っていて楽しいそう。