ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人使い捨て時代を考える会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:510件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2012/10/29のBlog
21日のNANTAN秋祭りは
レジ打ちに420のカウントがあったそうで、
それ以上人が来ていたということで、大盛況でよかったです。

さて同じ園部で、春から夏にかけてやったトマト援農の
ハウスあとかたづけがりました。

14人も来てくれました。
もちろんあとかたずけだけでなく、
昼から打ち上げバーベキューです。

お疲れ様でした~
と乾杯の生産者橋本博さん
みんなで

センターの鶏肉や
この地域で最近繁殖し、畑にでてきて、狩られてしまった
シカ肉をたべます。

シカはなにしろフランスではジビエで、食材ですから、全然臭みもなく
美味しいです


楽しいひと時でした。
このような、時間と場所が
当たり前のようにあるわけではないので、持続させていきたいですね。
橋本博さんが、

おみやげに落花生を二株ずつ持たせてくれました。

もちろん自分で取ります。

落花生ほりは、楽しいですよ~

こんなに土から落花生がでるとは!とびっくりです。

2012/10/26のBlog
いつもこの指とまれの活動にご協力いただきありがとうございます。

この指とまれ 中井英人です

今年は田んぼも増え、鶏も入り、加工も本格的に始まりました。
おかげさまで少しずつ経営は上向きです。

しかし!9月一杯で研修生がいなくなり、現場は大忙しです。

今回ご連絡いたしましたのは、30日、31日に行われる琵琶茶の裁断作業へのご協力のお願いです。

平日なので参加出来る方は少ないかもしれませんが、是非とも私達に力を貸して下さい。
両日、一日のみどちらでも大丈夫です。

急なご連絡大変申し訳ありません。
ご協力をお願いいたします。

■日時:10月30(火)31(水)
■場所:この指とまれ農場
■集合:JR島ヶ原駅8:40分(島ヶ原までの時刻表は会事務所
info@tukaisutejidai.comまでお問い合わせください)

☆10月4日(日)はしそ茶加工をおこないます
9:40JR木津駅集合

2012/10/22のBlog
イモとらっかせいほりも近所の畑でおこないました
やった、という顔をしていますね。
わなげもやります
ちんどん屋さんが芋ほり近所をねり歩きます
交流の家もにぎわいました
夏の保養キャンプをおこなった
福島のこどもたちの保養キャンプを行った
ゴーゴーワクワクキャンプがピザをやきます。
キャンプの資金にあてます
ピザ釜で一生懸命焼きます
こどもにわらでの細工を教えます
たくさん人が来てよかったです

ちんどん屋さんが来てにぎやかに花を添えました
地元の生産者が、
シカやイノシシや鶏の焼き鳥を売りました
島根の木次乳業も、遠くから来てくださいました。
ブラウンスイスバーガーを売ります
愛媛の愛媛有機農産生協も遠くから来てくださいました。
みかん完売です
2012/10/09のBlog
今日は屋上菜園星降る畑クラブです

30センチの土壌で、こんなさつまいもがとれました
しそもたくさん取れました
2012/10/02のBlog
[ 15:41 ]
9月30日のこの指稲刈りは台風のため中止。残念です。

センターブログやこの指ブログでもふれられているのでぜひクリックしてください。

そんな中朗報が・・・

日本有機農業研究会HP
http://www.joaa.net/
トップページ
の農業研修者コーナーの
一番上に
このゆびとまれ農場のリンクがのせられました。

それだけ
日本有機農業研究会的にも
期待が寄せられているということでしょう!

http://www.joaa.net/
HPの
http://www.tukaisutejidai.com/SUB/Futto/Futto.html
にも載せました。

是非来てください
「までい」とは、「真手(まて)」という古い古語が源で、
左右そろった手、両手の意味。

それが転じて、手間ひま惜しまず丁寧に心をこめて つつましく という意味で東北地方で使われている方言です。

今風に言えばエコ・もったいない・節約、思いやりの心・人へのやさしさ、となります。

 飯舘村活性化のシンボルとして使われてきました。

そんな飯館村流スローライフ「までいライフ」は、昨年3月の原発震災と計画避難で破壊されました。 

目標の見つからない仮設住宅暮らしは、気が滅入り
、「放射能が憎い。希望もない」と部屋にこもりがち。 
そんな中、飯舘らしい活動をしようと、全国から着物や帯やはおりの寄付を募り、「までい着」を作り始めました。
村の家庭では、古い着物を普段着や綿入れに直す習慣が戦後まであったのです。
つらい避難生活でも「着物の再生」へのチャレンジと縫い物のおかげで助けられる、と人は言います。 
その「までい着」は、現在「までい」なつながりで、全国で展示されつつあります。 企画:いいたてカーネーションの会
2012/09/24のBlog
使い捨て時代を考える会の絵を書いてくださっている
田頭由紀さんは陶芸家であります。

10月17日(水)~30日(火)まで
大丸京都店6階美術工芸展売り場で

器展をおこないます
人柄の出たとてもいい器を作っています
是非見に行ってくださいね♪
2012/09/19のBlog
昨年3月 才田春光さんの「ピールアート展」(果物の皮を使ったアート)
をギャラリーふっとで開催しました。
20日朝のNHKニュース(6:30~)で才田さんのピールアートがとりあげられるそうです♪