ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
とがびアート・プロジェクト
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3809件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2006/05/15のBlog
中平です。2年選択美術・五感でアートの「触ると気持ちいいデコボコ」の様子を紹介します。
前回、学校中のデコボコをフロッタージュ品柄探してきた生徒が、今回は自分で「触ると気持ちいい」デコボコを作ります。主材料はモデリングペースト。モデリングペーストで感触をイメージしながらボードに形作っていき、「触りたくなるような色」を着色して完成です。

写真の青い作品は、「荒れ狂う海」という作品。「モデリングペーストのデコボコを利用して、波が荒れ狂っている様子を表現しました。」と作者は言っています。
もう一枚は、「紫→白」という題名で、デコボコの変化に沿って、色のグラデーションが変化していきます。
2006/05/11のBlog
中平です。3年必修授業「グラデーション・マジック」を紹介します。
この単元は、オキーフと春草(長野県出身)の作品を比較鑑賞し、グラデーションの美しさを理解した上で、パステルを使って自由にグラデーションのある絵画作品を制作する単元です。
今日は、導入として、身近にある物を超クローズアップでデジカメで撮影し、美しいグラデーションを楽しもうという遊び的要素の強い授業をしました。ペンやノートを使って美しいグラデーションができました。
2006/05/10のBlog
中平です。3学年選択美術「芸術家宣言!」という講座の様子です。
この講座は、「とがび」に作家として作品展示をしたいと考えている生徒35名で構成されています。「とがび」まで練習として作品を作り校内に7月頃展示をします。テーマは「出ているよ!?」です。校内の好きな場所から、出ている作品を作ることが課題です。
写真は、昨年の生徒作品で、下駄箱から天井に向けてジャックと豆の木が「出て」います。
次の写真は、今の3年生女子が作っている「出てくる」雪だるまです。大きいものからとても小さいものまで、いったい何個くらい作るのでしょう? どんな作品になるのか楽しみです。
制作は6月中まで。校内展示は7月の一週間です
2006/05/09のBlog
[ 23:14 ] [ とがび活動情報 ]
中平です。いよいよ総合的な学習の時間「とがび」がスタートしました。キッズ学芸員は総勢64名。全員やる気を持って「是非、とがびを今年はやりたい」と言っている精鋭揃いです。
今日は、30分しかガイダンスの時間がありませんでしたので、冊子を配り、今年のとがびの方向性の提案をし、共通理解するにとどまりました。来週、二回目があります。
2006/05/08のBlog
中平です。1学年必修授業「ルネサンス2006」の様子を報告します。
前回レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」を鑑賞し、裏切り者のユダは誰かを推理した1年生。最後の晩餐をテレビ番組などで放映することが最近多いせいか、異様に興味を示しています。その生徒達が、今日は「なりきり写真を撮ろう!」ということで、最後の晩餐の登場人物になりきって写真を撮りました。
裏切られたイエスの表情は? 裏切りを知られた事に驚くユダの心境は? それを知らずにただ困惑する弟子の表情は? ・・・・と単に写真を撮るだけでなく、自分が登場人物だったらどう思うかを考えて写真を撮ります。
晩餐を模したテーブルには、偽物のピザやケーキなどが置かれ、ちょっと雰囲気を盛り上げています。
「今日はとても楽しかったです。自分はイエス役をやって、あまりにてないなあと思いました」
「もっと堂々とやれば良かったと思いました」
生徒の感想です。
2006/05/07のBlog
[ 23:10 ] [ とがび活動情報 ]
簡単な前チラシをつくりました(こちら)。
2006/05/06のBlog
[ 08:39 ] [ とがび活動情報 ]
中平です。「とがび2006」を始めるにあたり、是非やってみたいこと、新たに取り組んでみたいことを書きます。それは、「戸倉上山田」というキーワードのもと、キッズ学芸員が、戸倉上山田の特徴や独自のものや存在をピックアップし、自分たちが選んだ作家(表現ジャンルが偏らず、幅広く選択した作家陣)とそのキーワードを結びつけて、協働していきます。
例えば、作家の表現スタールを「写真」とし、戸倉上山田のキーワードを「お年より」とするとします。さて、そこからキッズ学芸員は、写真を扱うことのできる作家をさがし、さらにお年寄りと関連つけるために、社会福祉協議会と交渉をします。大きな「とがび」としてのテーマである「戸倉上山田」をキッズ学芸員全員で分担しながら、全体として構成していく作業。これはまさに「戸倉上山田びじゅつ中学校」という美術館を総合的にキュレーションしていることになると思います。
今年は、その活動を支えるために、千曲市総合観光協会や、教育委員会、そして新たに千曲市社会福祉協議会の協力を得られることになりました。昨年ともさらに進化したとがびになるといいです。