ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
認定NPO法人チャイルドライン支援センターBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:487件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/02/21のBlog
オンラインチャットの試行を実施する中で蓄積してきた、チャットならではの特徴、会話の進め方やシステムの説明などの経験を全国の実施団体に共有しました。

日時:2018年2月4日 10:00~16:00
会場:新宿産業会館
参加者数:57団体79名

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
日本でチャイルドラインがこれまでの活動の中で蓄積してきた、子どもの気持ちを受けとめるための“話の聴き方”をより明確にするために、ガイドラインのリニューアルを進めています。2月3日に開催した全国運営者会議では、実施団体との意見交換を行いました。

日時:2018年2月3日(土) 12:00~17:00
会場:新宿産業会館
参加者数:59団体83名

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2017/12/20のBlog
日本でチャイルドラインの活動が始まって20年近くが経ちましたが、これまでの活動の中で現場が蓄積してきた、子どもの気持ちを受けとめるための“話の聴き方”を言語化し、あらためて活動に携わるすべてのメンバーの共通のものとするために、ガイドラインのリニューアルを進めています。現場関係者によるプロジェクトチームで骨子を作成し、10月下旬から11月にかけて7か所で実施したエリア会議にて、全国の実施団体との意見交換を行いました。

●北海道東北
 日時:11月12日(日) 15:45~18:45
 場所:仙台市
 参加者数:7団体 14名

●北関東信越
 日時:11月3日(金) 13:30~17:00
 場所:長野市
 参加者数:7団体13名

●南関東
 日時:11月19日(日) 10:00~16:00
 場所:東京都世田谷区
 参加者数:16団体23名

●東海
 日時:10月28日(土) 13:00~16:30
 場所:名古屋市
 参加者数:6団体11名

●北陸近畿
 日時:11月19日(日) 10:00~14:30
 場所:京都市
 参加者数:12団体16名

●中国四国
 日時:11月11日(土) 13:30~16:30
 場所:岡山市
 参加者数:10団体15名

●九州沖縄
 日時:10月28日(土) 14:00~17:00
 場所:北九州市
 参加者数:7団体11名

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2017/10/01のBlog
活動から見える子どもたちの状況や、2016年度の活動状況をまとめた「2017チャイルドライン年次報告」が完成しました。

ご希望の方は、
以下1.~4.をご明記のうえ、チャイルドライン支援センター事務局まで、
メール(info@childline.or.jp)またはFAX(03-5312-1887)にてご連絡下さい。

 ・お名前(請求書の宛名)
 ・送付先の郵便番号、ご住所、電話番号
 ・電話番号
 ・タイトルと冊数

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2017/03/29のBlog
チャイルドライン支援センターでは、
子どもたちの通信手段やニーズの変化に対応していくため、
オンラインでの相談活動(チャット相談)に試験的に取り組んでいます。

通算4回目となった今回は、
春休み目前の3月13日から20日までの8日間に実施されました。

対応件数は129件と前回よりも少なくなりましたが、
1回あたりの相談時間が長いものが多く、
子どもたちが丁寧に言葉をつむいで、
自分の気持ちを伝えてこようとしていることが感じ取れました。

次年度も体制強化などの課題に取り組み、
少しでも早い常設化を目指してまいります。

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2017/02/20のBlog
チャイルドラインで受けとめた子どもたちの声を、
今後の活動のあり方や運営に活かしていくことを目的として、
2017年2月5日に全国運営者会議を開催しました。

社会的にも関心の高まっている子どもの貧困についても、
電話から見える状況を今後さらに社会に発信していけるよう、
対応について協議しました。

日時:2017年2月5日 10:00~16:00
会場:東京都内
参加者数:60団体79名

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2016/12/28のBlog
子どもにとってより安心でき、信頼できるチャイルドラインになるため、
これからの活動全体の方向性や、電話対応の質の向上について議論する場として、
全国7か所でエリア会議を開催しました。


●北海道東北
 日時:12月10日(土) 12:45~17:45
 場所:札幌市内
 参加者数:4団体7名

●北関東信越
 日時:12月4日(日) 10:00~16:00
 場所:東京都新宿区
 参加者数:6団体11名

●南関東
 日時:12月18日(日) 10:00~16:00
 場所:東京都世田谷区
 参加者数:14団体27名

●東海
 日時:12月3日(土) 10:00~16:00
 場所:岐阜市
 参加者数:5団体9名

●北陸近畿
 日時:12月25日(日) 11:30~17:00
 場所:京都市
 参加者数:12団体16名

●中国四国
 日時:12月18日(日) 9:00~15:00
 場所:広島市
 参加者数:9団体13名

●九州沖縄
 日時:12月10日(土) 13:00~18:00
 場所:鹿児島市
 参加者数:7団体9名

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2016/12/05のBlog
チャイルドライン支援センターでは、
子どもたちの通信手段やニーズの変化に対応していくため、
2015年度からオンラインでの相談活動(チャット相談)に試験的に取り組んでいます。

通算3回目の今回は、
11月の虐待防止月間にあわせて23日から30日までの8日間に実施されました。

のべ訪問者数は1,449人と第2回よりも落ち着いているものの、
対応件数177件、1日あたり約22件のチャットに対応しています。
現状では子どもからのアクセスに応えきれておらず、
スタッフの増員などに今後も取り組んでまいります。

次回は3月の実施を予定しています。


【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2016/11/04のBlog
チャイルドラインでは現在40都道府県にある70の実施団体が活動しています。

活動はNPOなどの非営利団体によって運営されており、
電話を受けるのは研修を受けた約2,000名のボランティアで、
こうした市民の力や寄付金によって支えられています。

子どもの声を受けとめる社会システムとして、
今後も活動を続けていけるよう、
組織を継続して運営していく力が必要となっています。
そこで、全国のチャイルドライン実施団体で運営に携わる方を対象として、
10月23日(日)に運営研修を実施しました。

3つの分科会を設け、
ボランティア組織に必要な「人」と「お金」に関する運営基盤強化のためのテーマのほか、
社会の変化にも対応していけるよう、
オンライン相談やアウトリーチプログラムの可能性などについても学びました。

 開催日時:2016年10月23日(日)9:00~15:00
 場所:こらっせ福島
 参加者:のべ81名(3分科会の合計)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2016/09/20のBlog
チャイルドライン支援センターでは、
子どもたちの通信手段やニーズの変化に対応していくため、
2015年度からオンラインでの相談活動(チャット相談)に試験的に取り組んでいます。

通算2回目となった今回は、8月29日から9月9日の土日を除く10日間に行われました。
夏休み明け周辺の子どもたちの不安やストレスが高まる時期にあわせての実施ということで、新聞などの報道で取り上げられたこともあり、
期間中ののべ訪問者数は2,801人に上りました。

子どもたちからは、オンライン相談を続けてほしいという声もあり、常設的な状態を目指していく必要性を感じています。

次回は11月の試行を予定しています。

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】