ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
パン工房こだわりブーランジェ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:412件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2018/02/09のBlog
今月の課題は、プルーンを練り込んだパンです。
事前にフードプロセッサで、種無しプルーンをペースト状にして混ぜ込んだものです。
プルーンペーストを使うと油脂を全く入れる必要がありません。
これに全粒粉を加えました。食物繊維が豊富でヘルシーなパンに仕上がりました。
パンの表面が黒いのは、焦げすぎたせいでなくて、プルーンによるものです。
2018/01/11のBlog
[ 14:27 ]
新年の最初の課題は、チャバタです。
水分量を多くして、気泡の多いパンに取り組みました。
水分が多いと扱いが難しく、成形はスケッパでカットしたままで、特別に形を整えたりしません。
フィリングは、オニオン、オリーブの実、バジルの粉末など、それぞれ工夫しました。比較的簡単にできるので、お勧めです。
2017/12/22のBlog
クリスマスに欠かせないのは、クリスマスリースです。
たまにはパン生地で作るのもいいのではないでしょうか。
飾った後は食べられます。
写真は、ホイロが終わってかまに入れる直前です。
今月のテーマは、シュトーレンです。
普段のパンづくりと違って事前の入念な準備が必要です。
また、政策の手順も間違えないように慎重に行う必要があります。
一番忙しいのは焼き上げた後で、まだ熱いうちにバターを塗り、バニラシュガーを振りかけ、冷蔵庫で冷却しなけれななりません。汗だくになります。
でも杞憂でした。指示通りに仕上げてくれました。
クリスマスが盛り上がりますね。
2017/11/27のBlog
今年、2回目のパン屋さん巡りです。
欠席者も多かったのですが、水曜日のグループでつくばのパン屋さんの商品を見学しました。
今回巡った中で、ドイツ系のパンに引かれて、ライ麦100%のロッゲンブロートを手に入れました。多少酸味のあるパンは、ずっしりと手ごたえがあります。
午後は、せっかく洞峰公園の近くまで来たので、紅葉が盛りの池の周りを散策しました。
2017/11/17のBlog
[ 11:01 ]
11月のテーマは、栗入りのパイです。
パイ生地は、練りパイにしてつくります。ポイントは、手が縮かむような冷たい水を使うことです。これで生地冷却の時間をだいぶ短縮できます。
栗の形の中に詰めたのは、粒あんないしマロンペーストですが、栗はいつも使う甘露煮ではなく、むき身で袋に入っているものを使用しました。甘さは違いますが、十分使えます。
出来上がった製品がこれです。
こんな具合にメッシュローラを使った生地を上にかぶせたパイもおいしそうです。
2017/10/23のBlog
千葉県多古町の道の駅で、このようなあんパンをみつけました。
多古町は、今では多古米が有名で、ブランド化が進んでいますが、このようなパンがあるのですね。地元のパン屋さんが作っているもので、上の方に多古町という焼き印が押してあります。中は、あんこの上に真っ白いクリームが載っています。空洞部分が大きいのですが、あんことクリームがおいしいです。
2017/10/19のBlog
10月は、全粒粉のパンづくりです。
何回も作り込んでいる全粒粉パンですが、今回はロールにして表面にカボチャの種、ヒマワリの種、松の実などシード類をトッピングしました。
とてもシード類の食感がよく、好評でした。
掲載が遅れましたが、9月は、ブリオッシュ・ア・テートでした。
リッチな菓子パンです。坊主頭が特徴のパンですが、生地が緩いのでホイロの途中で首が傾いたりするので姿勢に要注意です。
2017/07/09のBlog
[ 15:05 ]
今月のテーマは、漬物石のようなごつごつしたぱんです。
パン・ド・ミィの生地を使いながら、中に黒オリーブの実、生のルッコラ、ベーコンなどを練り込んだパンです。特に、ルッコラは夏野菜として、今頃はサラダなどに使われていますが、葉も茎も直接練り込むとさわやかなパンになります。
あえて、表面を丁寧にまとめず、ザックリと仕上げていますが、食べてみて美味しさがわかります。
前のページ   |   次のページ