ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふぉーらむ日記
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1150件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2016/08/19のBlog
[ 16:53 ] [ センター事業 ]
8月17日(水)は、「ニーズを把握!マーケティング講座」を実施しました。
講師は、前回の「自主事業収入UP!稼げる事業づくり講座」に引き続きNPO法人チュラキューブ/株式会社きびもくの中川悠さん。
箕面市内外から多様な分野で活動する16人の参加がありました。

今回も、地域にどんな特技を持った方がいらっしゃるのかを把握するワークショップや、カードを使ってニーズと重要度を調べるアンケートやヒアリングを疑似体験しました。
マーケティングのフレームワークと、チュラキューブの例をあてはめてみるという実演もしてくださいました。楽しいゲームや面白いエピソードが、どれもマーケティングにつながっていて、2時間があっという間でした。
試してみたくなるヒントをそれぞれの参加者が持ち帰ったことと思います。
また、今回も講座後に参加者どうしがあたらしくつながり、交流で盛り上がっていました。

講座の最後にアンケートをお願いすると同時に、封筒をお配りして、市民活動フォーラムみのおへの寄附と入会の呼び掛けをしました。

結果、お2人からのご寄附と、お1人からの新規入会申し込みをいただきました。ご入会をいただいたのは、講座初参加の方です。「NPOのことをもっと学びたい」とのことでした。うれしい限りです。ありがとうございます!


≪参加者の声≫
●これを機にマーケティングをしっかり勉強していこうと思いました
●「フラットなヒアリングにこだわる」に共感しました!
●事例ご紹介がわかりやすくためになりました
2016/08/18のBlog
[ 15:32 ] [ 自主事業 ]
伝統行事を市民の力で復活・発展することを願いとして開催したまんどろ火祭りは今年で13回目。
7月31日には、かやの中央まち育て交流会メンバー8名、サポーター4名、親子37名がたいまつ作りに挑戦しました。


8月6日の本番当日は、親子で悪戦苦闘しながら作った自分のたいまつを持って行列に参加。

伝統的なまんどろ火祭りは、千里川沿いに響く「まんどろ火ともせ♪」のかけ声に、ちょうちん、子どもたいまつ、大人たいまつ、麦わらたいまつと行列が続き、夏の夜の幻想的なお祭りとなり、親子や地域のコミュニケーションが生まれるお祭りとして貴重な体験の場となりました。

圧巻は麦わらたいまつです。

大きな麦わらたいまつをかかえて、川の上流から駆け降りる姿は勇壮で、火祭りのラストにふさわしく、見ているたくさんの観客から拍手が出るほどでした。

また今回は、「大阪盛り上げ隊」NPO法人ますくまんずによるイベントも共催され、みのおキューズモールふれあいパークでのプロレスや、さんぺい橋でのジャグリング、ベリーダンス等が行われました。

市民活動センターの館内でも、子どものための小物作りワークショップや、射撃体験など、楽しい企画がいっぱいでした。

お天気にも恵まれた今回のまんどろ火祭り、来年もたくさんの方に楽しんで頂けたらと思います。

2016/08/14のBlog
[ 13:19 ] [ センターにて ]
お盆まっただ中の日曜日、茨木市民活動センターからインターンシップの学生さん4人を含むスタッフの皆さんが来館されました。

茨木市市民活動センターを運営する「いばらき市民活動推進ネット」の代表、奈良平さんが、中間支援の運営する施設なら、箕面がいいと皆さんを連れてこられたのです。

夏休みの短い期間ですが、中間支援組織の意義を感じてもらえると嬉しいです。
[ 13:01 ] [ センターにて ]
展示期間:8/10~8/31

先日よりショーウィンドーのディスプレイを夏らしいものに
一新しています。
夏と宝探しをテーマにイメージを膨らませ、頭の中に
浮かんできた海の中の物語をかたちにしています。
海の中を探検しているようなイメージです


初日から親子の方々を中心に、様々な方々が見てくださり、
写真を撮ってくださる方も!!
皆さまが思い思いにディスプレイを見てくださっていて、
制作者としては嬉しい限りです


8月31日まで展示しておりますので、こちらまで来られた際は、
海のショーウィンドーにも目を留めて頂ければ幸いです
2016/08/05のBlog

“2016”箕面在住アーティスト展 アクリル画の世界
7月14日(木)~7月25日(月)9:00~22:00

今回のアクリル画の世界の展示では子どもさんから高齢者まで多くの方が鑑賞されました。
長谷川さんの絵のファンの方も多く、作品のポストカードを沢山購入して下さいました。
売上の半分 10400円は長谷川さんのご厚意で東北大震災の募金とさせていただきました。
来館して下さった皆さまと、長谷川さんに感謝です。


アーティストの長谷川泰史さんは、記憶の中や心の中にある風景をアクリル絵具で表現し、心があたたかくなったり、何かを感じとっていただけるような作品づくりを心がけて制作しているそうです。
ご本人はプロフィール写真を辞退されたほど、シャイな方ですが、仕事帰りに何度もセンターに寄って気遣ってくださいました。

箕面在住アーティスト展はみのお市民活動センターの周知と賑わいづくり、箕面市在住するアーティストの発掘と紹介の場を目的としています。

これからもだれもが気軽に市民活動センターに入ってこれる雰囲気作りの一つとして箕面在住アーティスト展を開催したいと思います。

前のページ   |   次のページ