ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:4344件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2022/12/31のBlog
創業2005年、おかげさまで16年となりました
『よしこちゃん☆かけはし工房』 代表
「よしこちゃん」こと大橋良子のブログです

「名刺サイズの8ページパンフレット」をはじめ、
広報誌・チラシ・パンフレット等の各種広告ツールの
企画からデザイン、制作(印刷)をさせて頂いております。

(→)は、枚岡合金工具㈱様の名刺サイズの手描き絵本
『ありがとうデジタルドルフィンズ誕生物語えほん』等です。
※お会いしたことがない方への作品制作に関しましては、
一度お会いさせて頂き、ご縁を結ばせて(ご理解を)
頂いた後にさせて頂いております。
手間暇はかかりますが、そのような想いで日々制作しています。

当ブログでは、「よしこちゃん」の珍道中話から、
ボランティア活動、日々の感動話や雑感・・・そして
四国お遍路などの修行話を徒然なるままに記しております。
認定NPO法人宝塚NPOセンターの元センター長の
故・森綾子さんのお名刺(→)が最初の制作作品です。
森さんのご期待に沿える人生を目指しております。

どうぞよろしくお願いいたします

弊社の詳細情報は、下記「PDFファイル」をご覧ください


メールアドレス:yossy-77●zeus.eonet.ne.jp
 (●のところを@に変えて送信ください)

「フェイスブック」やっています。「大橋良子」で検索してください。

2022/09/24のBlog
[ 21:28 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
台風一過の後、急に涼しくなり、

秋到来!



ってことで今、

せっせと秋冬野菜を植えています。



夏野菜が終わり、

草ボーボーになっていた畝2つの草を除去し・・・

次に、備中鍬でせっせと土を掘り起こし、

施肥。



そしてカマボコのように綺麗に畝立てをし、

ダイコンちゃんを植えました^^♪



ほんと、いい運動、いい気分転換、

いい趣味/ライフワークでございます(笑)☆



さて。

次はカブちゃんを植えるゾ~(^0^)!!!



2022/09/20のBlog
[ 20:18 ] [ ぶらり旅日記 ]
9月17日(土)~18日(日)。

おかげさまで天気に恵まれ、

倫理法人会の大先輩の御三方と、

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に

36年連続総合日本一位の

【和倉温泉 加賀屋】に行って参りました!



泊まらせて頂いたお部屋は「雪月花」の

18階・19階にある特別階「浜離宮」。

専用エレベーターで行く貴賓室の専用フロアで、

昭和・平成・令和の天皇皇后両陛下も

お泊りになられたとのこと。。。



さすが日本ナンバーワンだけあり、

いろんな意味・次元で“おもてなし”が

凄い・ステキな場所でした☆



そんな最高のロケーションでバリバリ本音トークの、

学び多き、癒やし多き、そして笑い多き、

幸せ時間を過ごさせていただきました。



今回も本当にありがとうございました。

引き続き、精進して参ります(=人=)☆



【写真】

1枚目は能登半島にある「世界一長いベンチ」

https://www.hot-ishikawa.jp/spot/5677



2枚目以降は全て「和倉温泉 加賀屋」での写真です

https://www.kagaya.co.jp/




2022/09/15のBlog
[ 14:02 ] [ よしこちゃんのつぶやき ]
時期が参りましたので、

この手の情報を発信することにいたします。



やっと、やっと、、、山は動き始めました。

いよいよ闇が本格的に粛清される次元/段階に入りました。



我が国の国体/根本を揺るがすこの皇室の大問題、、、

昨年4月頃からずっと悶々とし、一日も早い解決を祈り続けておりました。



(過去はどうであれ)この動画の篠原常一郎さんなどなど、

闇をあばく光側の皆様の活動を、

引き続き一所懸命応援して参ります。



そして天皇皇后両陛下が、

この度のイギリス訪問を無事にこなされ、

今までありとあらゆる強烈な闇に邪魔され続けていたものが

完全に一掃され、

いよいよ本領発揮されますことを、

光族の一員として、全身全霊で応援して参ります。



弥栄!!(=人=)☆



【KK母問題について】↓

https://www.youtube.com/watch?v=84lI5zL3zQA



9月13日(火)22時過ぎに高速バスにて徳島駅に到着、

徳島市内で前泊し、本日・14日(水)

アスティとくしまにて開催されました、

一般社団法人四国八十八ヶ所霊場会

http://88shikokuhenro.jp/)主催の

「公認先達大会」に参加させていただきました。



まだ社会的なコロナ問題が収まっていないためか、参加者は少なく、

それでも全国各地から700名程の方が参加されていました。



3年ぶりの開催だったため、この間に亡くなられた

公認先達の方々に対する慰霊法要も2年分多くあり、

とてもたくさんの方の慰霊をさせていただきました。



加えて、敵味方関係なくロシア・ウクライナ戦争で亡くなられた方々、

新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々の

慰霊も含まれておりました(=人=)☆



昼食を挟み午後は、長谷川賢二氏(徳島県立博物館 副館長)

並びに松岡明子氏(瀬戸内海歴史民俗資料館 館長)

によるご講演がありました。



長谷川氏からは、四国遍路がどのような歴史的経緯を経て、

どのようにして現在に残るかたちになっていったか?

史実や推測を交え、分かりやすく解説してくださいました。



カウスの状態から、多くの先人たちの想いと実践によって、

今の形が徐々に出来上がって来たということに、

改めて深い感動を得ました。



面白いのが、四国遍路はあくまで「遍路(へんろ)」であって、

「巡礼(じゅんれい)」ではないということです。



国内外には数多くの「聖地巡礼(スポット)」がありますが、

四国のみ「巡礼」ではなく「遍路」と呼ばれているその理由は、

都(都会)から遠く離れた、大自然しかない僻地(へきち)で

修行者が我が身を置き、心身の鍛錬を行う、、、

僻地→「辺地(へち)」での修行であったという理由が

根本にあるということです。

ですので、昔は「遍路」のことを「辺路」と書いていたそうです。



スペインにあるカトリックの聖地

「サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂」など

「聖地という名のゴール地点」に到達する・お参りすること以上に、

そこに至るまでのプロセス(道中の修行)や、

同じ僻地修行を繰り返すことに意味や価値を見出している・・・

からであると私は長谷川氏のご講演にヒントを得、

自身の遍路修行での体験を通して気づくことが出来ました。



松岡氏からは、世界文化遺産登録を目指す、

四国遍路という切り口でご講演くださいました。

個人的には、世界遺産になったらいいなぁ~と

淡い希望は抱いておりますが、

現実的には多次元的要素にまたがる、

超えるべきハードルがたくさんあって無理であると認識しております。



加えて、国連にオリンピック協会、ユニセフ、WWF、

そしてこのユネスコなどなど、

本来の設立主旨であるところから軸がずれて、

利権を貪る闇組織に成り下がってしまっている世界的組織が、

この地球上に蔓延っている今、

そんな闇組織に我々お遍路さんの浄財が流れ消えてしまうことよりも、

今お遍路をしているお遍路さんのために

直接的な資金やエネルギーをもっと注入すれば、

おのずとお遍路さんは増え、

いずれ時代の粛清の下に闇全体が消え、

“世界遺産的存在”にこの四国が自然となっていくと、私は観ております。



現状では、ありとあらゆる能力(体力、気力、経済力、

コミュニケーション能力、自他の恐怖心を消す能力、

問題解決能力、地図を読める能力などなど)が

ある程度のレベル備わっていないと

(もしくはそんな能力のある人と一緒に行かないと)、

四国遍路は出来ません。



いかにして様々な能力のハードルを下げて行くか?

行きたい人が行きたい時に行ける環境に出来るか? が

四国霊場に関わる方々全員に問われていると、

いち公認先達として観じております。



我が国においても全国各地に世界遺産はありますが、

四国には一つもない上、新幹線も通っていませんが、

それだけ利権【闇】から遠い、光や愛のあふれる

【愛ランド】ということであると認識しております。

穢れ地ではなく、島全体が清らかな聖地であり続けて欲しいと、

いちお遍路さんとして、切に願っております(=人=)☆



ということで今日も一日、いろいろなことをステキに

お祈りをさせて頂いた日となりました。



よしこちゃんお気に入りの、

徳島駅前の「麺王」(http://7-men.com/)で、

徳島ラーメン(590円)をゴキゲンに頂いた後、

高速バスに乗り込み、美しい夕日を背に、

大阪に戻って参りました。



9ヶ月ぶりの徳島市内訪問で、

もっとゆっくりしたかったのですが、

ま、いろいろすべきことがあって、

仕方がありませんね。。。^^;☆



これからもお大師さんという名の【宇宙】と共に、

祈り続けます。

ありがとうございました(=人=)☆
[ 13:54 ] [ よしこちゃんのつぶやき ]
徳島市内のトイレの入口・・・

トイレのサインまで

阿波おどり。

お・・・オモロイ。

徹底してる。



えらいこっちゃ~ 

えらいこっちゃ~ 

よい~
 
よい~ 

よい~ 

よい~

(^0^)!!!


2022/09/12のBlog
[ 21:21 ] [ 商工会議所青年部(YEG) ]
私が入っております経営者団体

「八尾商工会議所青年部」主催で開催されております、

ジュニアエコノミーカレッジ(略してジュニエコ)が

3年ぶりに開催されています。



八尾市内の小学4~6年生が友達同士で

チームを組んで立候補し、模擬の“会社”を作り、

経営計画を作って実際に模擬店を出店し商売体験を行います。

(ジュニエコの詳細は→https://jec-net.com/about_jec/


昨日・9月11日(日)八尾・大信寺にて、

その実践販売が開催され、いちお客さんとして参加して来ました。

4店舗(チーム)それぞれが創意工夫をこらして

残暑厳しい中であっても、真剣かつ一所懸命がんばっていました。



お客さんが途切れたタイミングでぞれぞれのお店で

商品を買いながら、子どもたちといろいろ話をするのが

毎回、とても楽しいです。



あるお店では「スーパーボールすくい」をしていたのに

想定外にお客さんがやって来て、ボールをすくう紙が

無くなってしまい急遽、小さなビニール袋につめた

スーパーボールを一袋100円で売るお店に

変えている最中でした。



またあるお店では、めっちゃ甘いスイーツを売っていて、

私は「健康志向なんで、甘さひかえめに出来ませんか?」と、

ちょっとイヤなお客を演じてみましたら、

かわいい男の子の店員さん曰く

「今日はゼイタクに甘いものを食べてください!」と

オモロイ返事が返ってきました^^♪



なるほど、この店員さんのおかあさん等周りの女性たちは

日頃「甘いもの=太って見た目が悪くなるから、

我慢して甘いものは食べないようにしている」ので、

私にそのような返答をとっさにしたんでしょうね(笑)?!



そしてまた別のお店では、ホットプレートの調子が悪いのか、

焼きためていた商品の在庫がなくなったのか、

ミニケーキを必死で焼いている最中で、、、

接客担当のかわいい女の子が私に心を込めて、

「お客さま、お急ぎではないでしょうか?」

「申し訳ございません、もう少しお待ちください」など、

アリオ八尾のどこかのお店で聞いたようなセリフ、

そのまんまを言ってくれて、小学生であっても、

日々接している大人たちの言葉や感情

(接客の方法)をちゃんと覚えてるんやな~って、

とっても感心しました^^♪



子どもたちは【未来】そのものです。

こんなに元気で目がキラキラ輝いている

子どもたちがたくさん、この八尾にもいて

本当に嬉しく思っています。

子どもたちがいるから、私たち大人は未来に希望を燃やして、

がんばれるんやと思っています。



これからの長い人生、いろんなことがあるやろうけど、

昨日の姿のように、真剣かつ一所懸命、

そして笑顔で生きていって欲しいなぁ~と心より願っています。



そして私もいち【八尾っ子】として、

今まで両親をはじめとする、本当に多くの身の回りの人に

お世話になって、ここまで生きて来れたことに

感謝を深める時間にもなっております(=人=)☆



2022/09/08のBlog
[ 20:32 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
やっとのことでいろんなことが落ち着きつつあり、

暑さも和らいだので、草ボーボーで原野化していた畝を、

まずは鎌を使って草を除去し、

次に備中鍬で土を掘り起こし施肥した上で、

畝立てを行いました。



よしこちゃん御用達である外環沿いの

コーナンにある園芸館にてお安い野菜苗

(ブロッコリー・キャベツ・白菜)を購入して植えました。



そのまま植えておくと虫にやられますので、

行灯(あんどん)風に四角く肥料袋を

活用した覆いをかぶせ、さらにその上に

虫が入らないように緑色の網をかけました。



これだけしでも2日後に水やりしに行くと、

白菜の中心の芽のところに、

何かの幼虫がいて、眼や若い葉を食べてました^^;

ほんと、まだまだ虫の勢いは凄いです。



露骨に農薬は使いたくないので、

自然食材(お酢・ニンニク・唐辛子を水で薄める)を

使った虫よけスプレーをふっておきました。

重曹を水で溶かしたものも

虫よけになるようですので、時々使っています。



そんなかんだで、今年の秋冬もステキに畑ライフを

エンジョイしたいと思います~っ(^0^)♪



2022/08/28のBlog
[ 14:04 ] [ 奉仕/ボランティア活動 ]
私が入っております、政経倶楽部連合会

大阪支部 8月例会にて、日本維新の会 幹事長で、

大阪12区選出の衆議院議員・藤田 文武氏の

講演会を開催させて頂きました^^♪



藤田さんは政治家になられる前(企業家の時)から、

当会の例会に参加されておられ正に“旧知の仲”ということで、

この度講師としてお招きさせていただきました。



暫くお見かけしていない間に政治家になる夢を叶えられ、

しかも日本維新の会の幹事長までされ、

ビックリ仰天しておりますが、

リュックサック背負ってフツ~に普段着で、

今までと変わらない自然体なお姿で来られ、

さらに仰天しました(笑)☆



「先生!」と崇められ天狗になって、

時にコソっと悪事を働く政治家のイメージとは

真逆を行く爽やかさや清らかさ・・・

その一方で政治に経営手法を積極的に取り入れられた、

一本筋の通った未来志向の勁い実践力。。。



「百聞は一見にしかず」という諺がありますが、

藤田さんの今のお姿を観、【真の実践者】に

勝るものはないなぁと観じました。



実践されている中での、いろんな問題や課題・・・

リアル過ぎてめちゃくちゃ面白かったです。

意識の高い参加者の皆様からの質疑応答も凄く学びになりました。



与党であれ野党であれ、どこの政党に所属する議員であれ、

真に国民のために政(まつりごと)を行う政治家は

大歓迎でございます。



喧々諤々されながらも、切磋琢磨されて、

我が国の政治を良い方向に導いて下さることを

切にご祈念申し上げております。

これからも藤田さんを応援し続けております~^^♪



さて。

次月の9月例会も、真の政の実践者であられます、

大阪府泉大津市長の南出 賢一氏にご講演いただきます。



日本政府による、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、

ワクチン接種についての施策について「待った!」をかけた南出市長。

上意下達型“うのみ”の政治ではない、正に情報【真実】を見極め、

自分の頭で考え決断され続けている、南出市長の熱きご講演です!



【「接種券は送らない」 新型コロナ・子どもへのワクチン接種 

申請制を選んだ大阪・泉大津市長の決断】

https://news.yahoo.co.jp/articles/8756d6ae49ee54b8634147d00c6d657f048af326?fbclid=IwAR1CBVDBLZPDopo9tY4rytyjKUR8En6hsUQ3cJ7MzxCcF9QBEyKnFosgd8o



これまた楽しみですっ(^0^)!!!



【写真】藤田氏&当会の加藤幹事長・菊池支部長と♪



●藤田 文武氏

(衆議院議員/大阪12区 日本維新の会 幹事長)公式ホームページ

https://fumitakefujita.com/


●一般社団法人政経倶楽部連合会 公式ホームページ

https://www.seikei-club.jp/



2022/08/23のBlog
[ 14:47 ] [ ぶらり旅日記 ]
もう既に大阪に戻り、“娑婆生活”に追われておりますが・・・

とりいそぎ、8月14日(日)夕方から18日(木)朝までの

フェリー旅のご報告を、「大分」「熊本・小国」

そして「山口・萩」など4つに分けてさせて頂きます。



今回の旅の友は、倫理法人会&家庭倫理の会の

“義兄弟(妹)的存在”である、中村さんとゆうきちゃん。



私たち3人が尊敬して止まない、山口隆一先生に会いに、

大分へ行って来ました。私は今回で4回目の訪問となります。

(①2013.5月、②2015.6月、③2017.2月、④2022.8月17日)



倫理法人会&家庭倫理の会の入会歴が

10年程度以上おありの方は、

倫理研究所の教育施設「富士研」の元センター長で

“名物講師”であられた山口健次先生をご存知かと思われます。



健次先生は「筆跡」で、その人の人となりなどを

ズバッと言い当てるなど、

野性的且つ宇宙的な直観が冴えに冴え・・・

健次先生にお会いしたいがために

富士研に行く人多数!でした(私もそうでしたぁ~)^^♪



で、山口隆一先生はその健次先生の一卵性双生児

/ウリ二つのお兄様で、昔も今も倫理研究所の

生涯局(家庭倫理の会)の専任講師をされておられます。



大分市で鍼灸接骨院を経営される傍ら、

全国各地の家庭倫理の会に講師として赴き、

健次先生同様の凄さで、私たち会員を日々、

指導してくださっております。



私が所属する家庭倫理の会中河内を始め、

大阪・関西にも何回か来られ、

“追っかけ”しに先生の講演会場に足を運ばせて頂いております(笑)♪



隆一先生は「筆跡」ではなく、両手の手首の「脉診」を観、

その人その人の全人的把握と生活ぶりをご指導されるという、

これまた独創的な救済力をお持ちです。



超人的な救済力や実践力で自他を導き、

救って来られたその肉体・魂魄からは、

言葉語らずとも、とんでもないエネルギー(光)が溢れ出ており、

一緒にいるだけで、また先生の治療院にいるだけでも、

自分の至らなさや傲慢さを、私の脳裏に見える化してくださるという

【凄み】があると私は観じております。



【真の実践者】でしか出来ないスゴ技/

境地であると、私は認識しており・・・

その境地にあられる先生方は、山口両先生以外にお二方しか、

現時点の私は存じ上げておりません。

(あとのお二方はもうこの世にはおられません。。。涙)



そして今回も隆一先生に「脉診」を観て頂き、

針を刺して頂いたりする過程で、私の肉体やその回り/

中に存在する意識や想念をキャッチし、

厳しくとも愛に溢れた、的確なご指導をしてくださいました。

その他、家庭倫理の会と倫理法人会の

“よもやま話”もみっちりして頂き、内容は一切公開しませんが(笑)、

私の組織的見方を更にぐっと高次元化して頂き、感謝感激でございました☆



施術して頂いた後は、何だか心があったかく柔らかく、

そして穏やかになりました。

この心境を継続させることが、私の実践項目なんですが・・・。



たった20分程度ですが、私はその濃縮された宇宙的な

愛のメッセージを頂き、前回よりも今回、今回よりも次回、

前進しようと、新たな実践の決意をさせて頂いた次第です。

(まだまだ至らぬ点、多数。。。ー0ー;チーン★)



隆一先生は75歳になられたそうで、暫くお見かけしない間に、

「小柄なまぁるいおじいちゃん」になられておられ

(ちょっと失礼な発言かも知れませんね^人^;)、

今まででしたら、近寄りがたく畏れ多く、馴れ馴れしく触るもんなら、

一瞬のスキもなく背負い投げでもされそうでしたが(笑)、

今回はお気軽に腕とか組ませてお写真を撮らせて頂きましたぁ~♪



前回・3回目からは4年半も空いてしまいましたが

(コロナ騒ぎがありましたもんで^^;)、

これからは年一回程度の“定例行事“として、

これからも隆一先生にご指導仰ぎ続けて参りたいと思っております(=人=)☆



全国の倫理法人会&家庭倫理の会のみなさま、

是非とも隆一先生に観て貰いに、大分へ行かれてみてくださいね~(^0^)!

(※必ず予約して行ってください。隆一先生、ご不在時があります)



●山口鍼灸整骨院さん 公式ホームページ

https://www3.hp-ez.com/hp/yamaguchiharikyu/




【写真】

山口隆一先生との写真いろいろ♪

山口鍼灸整骨院さん院内の様子

倫理研究所・丸山敏雄創始者のお写真から、

北朝鮮による拉致被害者関連のポスター、

ブルーリボンが入口のガラス扉に正々堂々ドンッ!と貼ってあり、

「ならぬものはならぬ!」という気迫で漲り、隆一先生、

ステキ過ぎです~(>0<)萌っ☆



[ 14:42 ] [ ぶらり旅日記 ]
かれこれ10年前・・・

2012年に、大阪平野区倫理法人会

(今はありませんが)のナイトセミナーに

講師としてお越しになられた田端俊久さん。

講演家・中村文昭さんの伝説の師匠(野菜の行商時代)です。



そのセミナーに参加した倫友・ゆうきちゃんが

田端さんに惚れ込み、「田端さんに会いに熊本に行きたい!」と、

鹿児島の薩摩半島に旅行するために、

鹿児島空港に着いたにも拘らず予定変更して、

私が運転するレンタカーぶっとばして当時、

熊本・阿蘇(白川水源)にあった

田端さんが経営するパワーストーンのお店で

お会いしたのが田端さんとのご縁の始まりでした(笑)。



田端さんも人並み外れたあるとあらゆるものを直観で観、

また【易】を立てて、自らの主観ではなく、

その易の啓示通りの言動を愚直に実践し、

全てその通りに物事が流れていって、

ご自身に降り掛かって来た末期がんを2回も完治させ、

必要なお金がそのまんまの金額でどん!と入って来たりするなど、

自他をたくさん救って来られた、超人的な御方です。



また【九州男児/肥後もっこす】という言葉が表現するように、

ぶれない、力持ち(ありとあらゆる【力】をお持ち!)、

阿蘇山系の雄大な風景のように、情熱的で壮大!

そして何が何でも、どんなことがあっても、

自分が決めたことを実行する!という有言実行、

肚の座った、突破力のある、男の中の男です。

シビレますねぇ~(>0<)!!!



私は女性なのですが(みなさんご存知ですが、

一応、ここで書いときます 笑)、

あの日以来、田端さんとは【義兄弟】の契を交わしたかのように、

自分が男のヤクザの子分みたいに(?)

惚れ込んでいる御方でございまして、

「私も田端さんのような生き方がしたい!」と

チンピラ風の弟子の如く、メラメラ燃え(萌ぇ?)続けております。



ご縁頂いて10年。

62歳になられ身体的能力はチョット落ちてきているとのことですが、

ますます“神ってる”という俗っぽくて薄っぺらい言葉では

表現することが憚れる、人間の意識/境地を超えた

凄さがますますパワーアップされており鮮烈な光を放っておられます。



ほんと、お側にいるだけで、活火山「 ア ソ 」の意識体が私に乗り移り、

「私も自らの使命役割に猛進しなければ!」と

機関車や馬車馬のように元気になります(笑)♪



田端さんはご自身のビジネス等で得たお金を全て、

近い将来必要になるであろう、

6つの施設を作るために使われております。



現在、1つ目の施設「和美優(わみう)の森」が完成し、

そこに2泊させていただきました^^♪



ここは熊本県北東部にある小国町の森の中にポツンとあり、

一見「森に囲まれたコテージ」という感じですが、

いろんな事情で学校に通えない子どもたちが、

ここで伸び伸び育ちながら暮らしていく施設であり、

また都会生活に疲れ、心身の元気が無くなった

大人の蘇生施設でもあったり、そして敷地内には、

湧き水、川、田畑、ニワトリ小屋、バイオトイレ、

食料備蓄庫など、この敷地内だけで生きていける

【完全自給自足型の施設】でもあります。



また、コテージ風建物だけではなく、

内装コンセプトが全て違った「地下室」がいくつかあり、

そこは正に「秘密のアジト」的な、

遊びココロ満載で高級でオシャレなもの凄い空間となっており、

高級パワーストーン等、いろいろなものが展示されていました。

かかっている金額も凄そうですし、そこにそんなお金をつぎ込む発想が、

ぶっ飛び過ぎてステキです~(>0<)☆



この施設の管理人は現在、田端さんの息子・隼人くんがなっており、

その隼人くんにいろんな施設の案内していただき、

更に柔軟体操を教えて下さったり、プチ断食を教えて下さったりと、

あらゆる健康(蘇生)法を教えて頂いて、

大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました(=人=)☆



【写真】和美優の森の写真、いろいろ。

最後のよしこちゃんが写っている写真は、

秘密のアジト的な地下室の一室。高級なギャングの

部屋みたいですが、よしこちゃんとはまったくイメージが合いません^^;爆☆


[ 14:40 ] [ ぶらり旅日記 ]
熊本・小国町にあります、

「北里柴三郎記念館」にも行ってきました↓

https://manabiyanosato.or.jp/kitazatomuseum/



北里柴三郎氏は、小国出身の医学者で、

我が国の医療行政の発展に大いに貢献されたお方です。



まさに今、北里柴三郎氏の専門分野であられた

伝染病(コロナ)渦な中、再注目されているだけではなく、

新しい千円札のお顔になられるお方ですので、

「これは行かねば!」ということで、訪問させて頂きました。



故郷に錦を飾る・・・的な、自らの成功を、

誰かに分け与える/分かち合う、古き良き日本人の源泉。

自分の利のためだけではなく、

誰かの国家のそして世界のために働くという志の広さ、

肚の座りっぷりはまさにステキな“肥後もっこす”ですよね。。。☆



あとは、渋沢栄一氏(新一万円札)と、

津田梅子氏(新五千円札)関連の記念館も訪問すべく、

既に調べはつき、グーグルマップにピンを

付けてはいるのですが、

関東方面に行くご縁が今はなく、まだ先になりそうです~^^;



【写真】地元の方お手製の顔出しパネルで記念撮影☆

両面共に力作で、地元らしい絵面になっております^^♪

その他、美しい小国の風景にマッチした

記念館がとにかく美しいかったです!




[ 14:34 ] [ ぶらり旅日記 ]
今回の旅は、フェリーで大分・別府に着いてすぐに

熊本・小国に行き、「和美優の森」で二泊して最後、

大分市の山口鍼灸整骨院さんに行ってまた

フェリーに乗って帰るという計画だったのですが・・・

小国でお会いするはずだった田端俊久さんが、

直前になって「ずっと萩にいる」ということが発覚し、

行きのフェリーを別府で降りた瞬間に、

また本州に戻り、山口・萩に行って来ました(笑)。



ほんと、自家用車の旅って、

こんな感じで融通が効いていいですよね~っ(^0^)!



田端さんは6つの施設を全国各地に作るべく、

猛進されておられますが、現在2つ目を作るべく、

山口県萩市界隈に移住されておられます。



熊本・小国の「和美優の森」とは

全く違った赴きの場所で現在、仲間と共に、

中世日本の武家屋敷群の保存状態の良い

萩市の中心市街地(萩城址の側)で

お土産屋さんを経営されたり、

地元の博物館だったところを借りて、

我が国における戦国時代あたりの

「サムライ/武士道」と「茶道」の文化を、

田端さん的切り口から、国内外に発信する

ミュージアムをオープンさせたりされるとのことで、

そのミュージアム予定地で

一緒に写真を撮っていただきました^^♪



また、萩の市街地から東に20キロ程行った

場所にある萩市の「むつみ地区」という

昔ながらの農村地域に、施術師の方など

仲間の方が何人か移住し「健康館」的な、

あらゆる健康法や病気を治すための方法を

集約し実践をする拠点を作ると共に、

そこにおいても小国同様に【完全自給自足型】で

生活出来るような仕組みを構築されるとのことです。



なお、田端さんは「万能愛氣法」と命名された、

患者さんの問題のある肉体箇所に手を当てるなどされて

治癒していくという独自の施術法を生み出され、

私も何度かして頂きましたが、軽いものでしたので、

瞬時に痛みがなくなるというステキな

体験をさせていただきました。

田端さん、やっぱり“神ってる”わぁ・・^^☆



この2つ目の拠点である萩がある程度完成したら、

次は京都市内に活動拠点を作られるとのことです(?)



候補地は既に決まっているとのことで、

その場所も地図上にて教えて頂きましたが、

具体的にどのような流れになるかは?で、

現在は未知数でございます。



大阪・関西人の私は、この京都の活動拠点に

積極的に関わる流れになると私は観ており、

(いつになるかは分かりませんが)

それまでにもっともっといろいろなことを学んで

実践せなアカンなぁ~^^;と、ステキに氣を引き締めております。



ほんと人生って、言葉では表現し切れない

【宇宙規模の摩訶不思議感】があり、

日々その“波乗り”を、ステキに楽しんでおります。



我が師に追いつくことは到底出来ませんが、

更に精進し、自らを完全クリアー化し、

命ある限り、高みを目指して参ります(=人=)☆



今回の旅報告は以上となります。

お世話になったみなさま、ありがとうございました(=人=)☆



【写真】田端さん(左から二番目)、倫友の中村さん&ゆうきちゃんと、

(仮称)サムライミュージアム予定地にて。

その他、萩城址側の西ノ浜の美しい風景。

萩のかまぼこ&創作てんぷら、美味しかったなぁ~^^♪



2022/08/13のBlog
[ 11:17 ] [ 奉仕/ボランティア活動 ]
8月11日(木・祝)。

大阪拉致議連主催の蓮池薫さんの講演会の

“スタッフ”として参加させていただきました。

共催元であります「大阪ブルーリボンの会」

http://osaka-blueribbon.org/)の

リーフレット等を長年作成担当しているご縁があり・・・

当講演会のチラシもよしこちゃん・作です^^♪



蓮池さんは北朝鮮の工作員に拉致された当事者の方です。

日本に帰国され20年経ったそうで、

現在はあちらこちらで講演に呼ばれてはるようです。

嬉しいことに大阪はたくさん呼ばれてるそうで、

我が町は拉致問題に関心のある

意識高い系の活動家が比較的多く、嬉しい限りでございます。



“当事者”としての体験談に加え、

当時の北朝鮮の国家体制や日本政府の状態、

そして世界情勢を客観的に分かりやすく

織り交ぜながらのお話で、あっという間の一時間でした。



蓮池さんのお言葉一つ一つから観得て来る、

蓮池さん、一緒に拉致された奥様、

その他の拉致被害者の方々、ご家族のお姿やお気持ちは

【真実】であふれておりました。



蓮池さんの怒涛の境遇を経て無事、

日本に戻って来られたという深い感動と歓喜、

当時の拉致被害者を作ってしまった

北朝鮮の国家体制、それを助長や黙認をしてしまった/

止めることが出来なかった、

日本政府内部の体制に改めて深い憤りを観じました。

その罪は深海の如く深いもので、

その片棒を担いた人間は全員、その罪を償って頂かねばなりません。



・・・なぜ拉致被害者が出てしまったのか?

<以下は全て、個人的且つ主観的な考え・意見>

となりますが、それは・・・



「当時の北朝鮮の指導者たちが、日本だけではなく、

世界各国に【工作員(スパイ)】を送り込み、

自らの国家体制に有利に物事を進めようとしたから」

に尽きます。



大東亜戦争後、朝鮮戦争後暫くは歴史的経緯により、

日本語を流暢に話せる朝鮮人が北朝鮮にも

日本にもたくさんいたので、その人たちを工作員として

使っていたのですが、

その人たちが年を取り引退し始めると、

新たな工作員が必要になり、それで国家挙げての

【人さらい】という犯罪に手を染めたのです。



これは日本人だけではなく、韓国の人、中国の人、

ヨーロッパの人・・・工作をしかけるべき対象の

国家の人がターゲットになりました。



秘密裏に拉致をし続け、工作員を養成していたのですが、

1970年よど号ハイジャック事件を起こし、

さらに1978年にレバノン人女性が4人拉致され、

そのうち2人がとても賢い方で、

北朝鮮に連れて来られた目的は、

「自分たちを工作員にすること」だと早い段階で気づき、

「早く立派な工作員になって(=なったフリして)、

この呪縛から逃げよう!」と決意をし、

やがてベオグラードのホテルで北朝鮮の監視員に

「美容室に行きたい」と願い出て許され、

監視の目を盗んでそのまま市内の

レバノン大使館に逃げ込んで保護され、

その2人から一気に、北朝鮮の拉致問題

(外国人工作員の養成)が世界中に知れ渡ってしまったので、

国家あげての人さらいは止まったとのことです。



ということで蓮池さんは、最初は自分が日本語の流暢な、

日本人の北朝鮮工作員にされそうになったのですが、

上記のエピソードにより、それは無くなったとのことで、

次に、若い北朝鮮人の工作員に、日本語を教えるなどして、

完璧な日本人に見せるという教育担当になったそうです。



1987年、ソウルオリンピックを阻止するため、

世界の韓国へのイメージダウンのために日本人を装い、

日本のパスポート偽造した男女が

中近東数カ所の空港を経由して韓国へ戻る

大韓航空機の爆破事件を起こし、女性の方の犯人(金賢姫)が、

「自分は北朝鮮の工作員である」と自白をし、

そこで更に風向きが変わり、

蓮池さんの工作員への日本語教育はなくなり、

日本の新聞記事などを朝鮮語に翻訳する担当になったとのことです。

金賢姫の事例により「朝鮮人の工作員もダメだ!」と、

当時の”北の将軍様“は判断したのでしょう。



やがて経済的にいよいよ困窮してきた北朝鮮は、

経済支援を求め、その“外交カード”の一つとして、

よど号ハイジャック事件などの重大犯罪(国家機密)に

関わっていない拉致被害者を返すことにしたようです。

ほんと、当時の小泉政権は、

5名の日本人拉致被害者と引き換えに、

我々の税金をナンボ北朝鮮に渡したのでしょうかね。。。?



日本の国力(経済力)が低下し、

北朝鮮指導者は日本に対しての関心が薄くなり、

アメリカへの関心が強大になりました。

ですので今はアメリカを巻き込んでこの問題を

解決しなければなりませんが、

バイデン現大統領(民主党政権)は

トランプ前大統領(共和党)と比べ、

朝鮮半島問題に関心が非常に薄いです。

(ウクライナ、中国問題の方に関心が向いています)



そんなかんだで現在、

小泉政権時に帰って来られた5名以外の

拉致被害者の方々は未だ帰国出来ておりません。

北朝鮮を含む世界情勢は、みなさんご承知の通り、

悪くなる一方です。帰って来る兆しすらありません。



蓮池さんの講演とは別ルートでですが、

驚愕の事実を知りました。

最後に、ここへ記しておきます。



今マスコミで話題沸騰中の“旧統一教会”の

教祖である文鮮明(韓国の宗教家ですが実はこの人、

北朝鮮出身、朝鮮人です。)と、

北朝鮮の最高指導者である金正恩の祖父・

金日成とは【義兄弟】の間柄です。



ということは、“旧統一教会”と仲の良い多くの

日本の政治家(とりわけ国会議員)は、

建前的に左胸元に“青いリボンのバッジ”を付けていたとしても、

本音の部分においては、

北朝鮮の拉致問題解決に後ろ向きであり、

この問題が一日も早く全国民が忘れ去り

風化させたいと思ってますのて、

真剣且つ本気にこの問題を解決する気が一切ありません。



従いまして、我々国民がどれだけ多くの、

この問題の解決を求める署名を集め

内閣総理大臣に提出したとしても、

いくら「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の方々が

内閣総理大臣に直訴したとしても、

この問題は未来永劫解決いたしません。

ここではっきりと断言いたします。



旧統一教会は、宗教法人を隠れ蓑にした

【現代版工作員】なのでしょう。



・・・敵は外にいるのではなく、内にもウジャウジャいるのです。

私も含め、この問題の根底に存在する【真の敵】を知った

真の活動家のみなさまは全員、一人の例外もなく

公憤ハンパない気持ちでいっぱいです。



ということで、この問題の真の敵を「見える化」した上で・・・

では、どうすれば、この問題は解決するのでしょうか?

答えはカンタン、シンプルです。

この内外の敵(の意識)を全員、粛清する、消せばいいのです。

さて、天/宇宙はどう消していくのかなぁ・・・?



ここまで記した上で安部元総理があのようなかたちで突如、

みまかれた真の理由・・・ピン☆と来た方は、結構鋭い御方です。

(安部元総理の光と闇/功罪の振れ幅は大きすぎて奥深く、

玉虫色の如く何とも表現が難しいです)



引き続き、宇宙的な罪の精算をしっかりと観察しつつ、

その動きが更にステキに加速度を増すよう、

ピンポイントで徹底的に祈り続けて参ります。



日本人だけではなく、韓国、中国、ヨーロッパの方々、、、

世界中の拉致被害者の方々が、一日も早く、

愛する家族の元に帰れますように、心よりお祈りいたしております。



この日会場となった大阪市中央(中之島)公会堂は、

真に拉致問題を解決したい方々であふれておりました。

署名ブースのスタッフをしておりましたが、

小学生からおじいちゃんおばあちゃんまでの

たくさんのご署名を観、一人で感動しておりました・・・。



圧倒的に無関心の人が多い問題ですが、

例え少数派であっても一筆一筆に

たましいをこめる方々の存在を観、

まだまだ日本も捨てたもんじゃないなぁと嬉しく思いました。



みんなの想いが届き、そして世界みんなが

幸福になりますように(=人=)宇留祈☆




【個人的補足資料/北朝鮮と統一教会】

https://bunshun.jp/articles/-/56024?page=1


[ 09:27 ] [ よしこちゃんが日々観じていること ]
かれこれ5年程「家系図を作りたい!」と思い続け、

旅先のコンビニで本まで購入していたのですが

ようやく今年のお盆を前に父方祖父系である

【大橋家】の家系図を作成することが出来ました^^♪



家系図を作成するために、

役所で【戸籍謄本】を頂くのですが、

父・祖父・曽祖父・高祖父全員が地元八尾の

老原(おいばら)界隈で暮らしていたため、

八尾市役所の窓口で一気に取得出来たので、

めっちゃラクでしたぁ~^^♪



右写真のように八尾市の場合、柿色の申請用紙に

父、祖父、曽祖父、高祖父の名前等の

情報をそれぞれ記載し、

役所窓口に4枚の書類を提出しました。

古い戸籍謄本のため、1時間半くらい経ってから

発行していただきました。



5代先(江戸後期)まで遡れたのが、

非常に感動で嬉しかったです。

なお現在“いとこの孫”がいるので、

2代下まで記載していますので、

この家系図には合計8世代分、記載しています。



地元老原に昔からあるお寺に【過去帳】が

残っているかもしれないので、

少し涼しくなったら伯父伯母と一緒に

お寺に行きたいと思います。

もしかしたら、更に遡れるかも知れません!



あと、曽祖父の時代頃まで、大橋の「橋」が異体字で、

右上箇所の字の形が「有」になっていることが分かり、

新たな発見となりました(右写真)。



今年のお盆は、私の父の初盆ですし昨日、

近所に暮らす伯父の家に、大橋家先祖代々の仏壇が、

修繕され綺麗になって引っ越しして来ましたので、

この家系図を大橋家親族一同で囲みながら

ご先祖さまに想いを馳せ、感謝の念を深めたいと思っています。



この勢いで(?)、この①父方の祖父系以外の、

②父方の祖母系、③母方の祖父系、④母方の祖母系・・・

私の全4系列を作成したいなと思っています

(この3系列は全て八尾・大阪の外なので、

めちゃくちゃ大変そうですが^^;)。



2022/08/03のBlog
[ 22:54 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
今年も山の畑と隣の畑から、

紅シソがたくさん自然に生えて来ましたので、

それらをそれぞれの場所の一本の畝に移植し、

シソ畝を作りました。



この時期、どんどん成長して来ますので、

茎ごとをカットして自宅に持ち帰り、

自宅でシソの葉を洗って煮て

(使用するお水は霊峰・大峯の「ごろごろ水」です)、

砂糖系のものとレモンなどの柑橘系、

そしてリンゴ酢などと混ぜて、シソジュースを作りました^^♪



今は一年で最も暑い時期ですが、

このシソジュースを薄めにし、

スポーツドリンク的にたくさん飲み、

ステキにクールダウンしながら元気よく過ごしております。



氷とからむ、赤紫の鮮やかな色もステキですね。



ほんと、自然【旬】の恵みに感謝です(=人=)☆
2022/07/30のBlog
[ 23:13 ] [ ぶらり旅日記 ]
7月28日(木)午後。

私が吉野山に通いだしてから10年くらい

お世話になっております、吉野山のお食事処

「静亭」さんで美味しい冷やし葛うどん定食を満喫した後、

「筆手紙教室」を開催。



講師は筆手紙道協会・家元の浦川良子さん。

ご縁あって半年くらい前から同じ“八尾の良子さん”が、

主宰される筆手紙道協会の事務局を担当しております。



【場の氣】というものが確かにあって、

悠久の歴史が紡いで来た宗教都市・吉野山の

氣(エネルギー)に多くのインスピレーションを得、

みなさん、短期間でめちゃくちゃステキな

巻手紙をたくさん書かれておられました。



巻手紙に上で筆を走らせるお姿はまるで

“魔法の絨毯”に乗り“魔法の杖”を振って、

「よし、これから○○さんに会いに行こう!」

「○年前の○○を見に行こう!」とか唱えながら、

自らの心(意識や感覚)を解き放ち、誰かのところ、

またどこか遠くの世界、そして過去に未来へと、

その方々の心の赴くままに自由自在の

“時空間の旅”をされていて、

それがとても各みなさんの生きざまらしく、

自然体で美しく思いました。



静亭の三代目おかみ・美佳さんも半強制的に(?)

巻手紙を書かされていたのですが、

その生徒さんたちの流れに乗って、

スラスラ~と書き上げ、全然習ってないにも拘らず、

ステキな巻手紙が完成され、めっちゃ凄かったです^^♪



好評だったため、またこの場所で巻手紙教室をされるそうです。

こりゃー、たくさんの生徒さんが集まりそうですね!!!




・・・私たちが暮らす大阪・八尾は、

比較的都会で便利が良くていいのですが、

都会という場所は人が集まり便利な分、

目の前や周りにシールド(もや)がかかったみたいに、物

事が良く観えづらくなり、一体今自分がどこにいるのか?

何をすべきなのか?分かりづらくなり、肉体も、

心も彷徨っている人が比較的多いです。



大自然と、歴史ある信仰の力が漲っている

吉野山(大峰界隈)は、そのようないつの間にか

出来てしまっていたシールドを取っ払うことが

比較的容易な場所であったりもします。



本来あるべき自分に還る。クリアーだった時の自分に還る。

そしてまたそこからリスタート(蘇生)する。。。



色がない無色透明なクリアーな色を、

私はこの大峯界隈に来る度に観じ、

自らの心についた色をゴシゴシと消し、

自らの原点/根源を再確認し、

また新たなる自分を発見したりしています。



こんな感じで、たまにはこうして、

自らをいつもとは違う場所に置いてみることも、

自己の成長進化のためになって、いいかなと思います^^♪

(私の場合、たまに・・・ではなく、

しょっちゅうウロウロしていますが^^;爆☆)



にしましても、買って帰った“葛(くず)プリン”・・・

混じりっけなしのシンプルな味わいがめっちゃ

純朴で美味しかったぁ~(^0^)!!!



【写真】

静亭さんにて~お持ち帰りした“くずプリン”



●吉野山のお食事処「静亭」公式ホームページ

http://www.yosino-sizukatei.sakura.ne.jp/


●筆手紙道協会 公式ホームページ

https://fudeletter.com/


[ 22:58 ] [ ぶらり旅日記 ]
7月28日(木)。

知人のおねえさま4人をマイカーに乗せて、

奈良・吉野にあります、金峯山寺蔵王堂へ

お参りに行って来ました。



今回初めて知ったのですが、毎月28日

(お不動さんの日)の11時から、

「お護摩(ごま)の会」が開催されているとのことです!



最初の一時間は管長猊下(五條良知師)修法の

護摩供祈願会。

その後管長猊下の法話があり、終了となります。

参加は無料で、終了後は蔵王堂の中を

見学することも出来ます。



私たちが参加しました「お護摩の会」は、

金峯山寺の公式Facebookで公開されております↓

(どうやら【ライブ配信】されていたようです)

https://www.facebook.com/kinpusenji/videos/423544319821264/



28分目くらいのところで、未だ状況を把握しきれておらず、

オドオド&ドキドキし、前の人のマネをしながら、

五條管長から“ご加持”を受ける

よしこちゃんが映っております(笑)。



五條管長が持っておられた棒のような法具から

放たれる熱いエネルギーは

ただの「炎のエネルギー」ではなく・・・

摩訶不思議なあたたかさを頭や肩に観じました☆



「お護摩の会」参加の個人的な感想ですが、

宗教的な意味や効果効能は

イマイチよく分かりませんが、

修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)

の時代から1000年以上もこの地、

この国で継承され続けて来た【凄み】をまずは感じました。



現存する、蔵王堂の建物は

豊臣秀吉の時代からのもので、国宝となっています。

様々な木々・素材によって建てられていて、

境内は大きな森・・・森羅万象を具現化した、

まさに【宇宙空間】を観じさせる、深遠且つ鮮烈、

そして清浄な宗教的空間であると私は認識しております。



宇宙創造の「ゼロポイント/無」の瞬間(とき)を

もう一度観じ、宇宙を構成するいち要素に

私の肉体やたましいが還り、その空間に浮遊している、、、

その心境は母の胎内に生命(わたし)が宿り、

羊水に浮遊している時の心境に似ています。



宇宙並びに地球、生命・人類が誕生し、

男女、老若、貧富などなど、二元対立の

三次元世界をこの地球に形成した地球人たちは、

様々な葛藤、悩み、苦しみ、悲しみ、怒り・・・

所謂煩悩や自我、我欲といった“地獄”から

いつまで経っても抜け出せず、もがき続けております。



そんな無明な人間たちを【憤怒の相】という名の愛で持って

大いなる存在であられる“蔵王権現様”は、

愛想つかして無の世界に帰ることなく、

我々を叱咤激励し続け、人間の三世

(過去、現在、未来)の救済を、

なにがなんでも成し遂げようと、この乱世の地球に

留まり続けてくださっているのかなぁ。。。と観じました。

感謝しかございません。



様々な煩悩/各種苦しみから、一刻も早く抜け出し、

真の幸福・真の平和・真に安寧な境地に

達したいと人間誰もが思い願っておりますが、

「なぜいつまで経ってもそうならないんやろう?」と考えていました。



そのような私たちが渇望する真の境地というものは、

全てのもの・ことから完全に分離した、

異次元の場所に存在するのではなく、

私たちの肉体や心、たましいに今抱いている様々な

苦しみの【先】にのみ、存在するのではないか?と、

ふっと観じた次第です。



ただ単に苦しむだけでは、

人間(娑婆)修行としては中途半端で、

実は【苦しみ抜く】【やり抜く】ことが必要なのではないか?

と思いました。



今のこの乱世に生かされている私たちは自らの意思により、

一所懸命、何かをやり抜く/やり切るために

【命】というものが与えられ、今、

ここに生きているのではないでしょうか?



ですので、自らが抱く苦しみを他者のせいにしたり、

逃げたり、中途半端にやり過ごして

命が消える(死ぬ)日を迎えるというのは、

【命(神仏そのもの)に対する冒涜】なのではないでしょうか?



自らの苦しみ(あらゆる煩悩)と真摯に向き合い、

それを消罪しようと精進すると同時に、

今の自分が出来るせいいっぱいの【施し】を

誰かにするという徳積み・・・それらを両輪の如く

同時進行で実践すればする程に、

“蔵王権現様”のご加護は勢いを増して増えていく。。。



「ちゃんとやっているフリ」という虚実は一切通用せず、

全てお見通し。

正に命がけでないと、応えてはくださいませんし、

逆に与えられるのは罪(苦難)ばかりです。



逆に、命をかければかける程に、

また信心深くなる程に、ジェット気流に乗った勢いで、

人間業を超えたスピードでお応えしてくださるような

気がいたしました。



大変厳しい存在ではございますが、

私にはこちら(叱咤激励)系の存在の方が合っており・・・

なんとか近い将来に、

この乱世の暗くて長いトンネルを抜けるべく、

これからも大いなる存在と共に、精進して参ります(=人=)☆



【写真】

知人のみなさまと蔵王堂入口にて。みなさま清々しいですね!

コロナ対策なのか、なんと☆和紙で出来た

白い輪袈裟をいただき、それをつけて参加いたしました。

紙で出来た輪袈裟は初めて見ました☆

蔵王堂のみなさまの創意工夫が素敵です(*^^*)♪

あと、花矢倉展望台から、蔵王堂が映える吉野山の風景♪




●金峯山寺蔵王堂公式ホームページ

https://www.kinpusen.or.jp/



●金峯山寺蔵王堂では、新型コロナウイルスの早期終息と

感染により亡くなられた方々の追福菩提のための

“とも祈り”が毎日正午に行われております↓

https://www.kinpusen.or.jp/info/2021/detail-210315-03.html



●金峯山寺蔵王堂「お護摩の会」について(概要)↓

https://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/04south_area/kimpusenji/event/3tocca8yvc/?fbclid=IwAR2ldmoLBDNd8WtkzCfUa_hobADTAzKCezFXSYvGnNP7RQPRy4XeI32FFZg


2022/07/27のBlog
[ 17:28 ] [ 奉仕/ボランティア活動 ]
私が入っております

一般社団法人政経倶楽部連合会 大阪支部の

8月例会の講師として、

日本維新の会・幹事長の藤田 文武氏をお招きいたします。


>8月26日(金) 18:30~20:00

>アメジストビル(大衛株式会社) 5階会議室 にて開催。



コロナであろうと何があろうとも、

日本の政(まつりごと)を止める訳にはいきません。

そして、私たち国民が【真実】を知ることも止めてはなりません。



我が国の政の最前線におられる/その一翼を担っておられる、

藤田氏の声を生で聴けるチャンスです。



藤田氏は当会の主席顧問であられる

林英臣氏が主宰する政経塾の塾士で、

その関係で、衆議院議員になられる前は良く、

大阪支部の例会に来てくださいました。

まさかこんなに有名人になられるとは驚きです☆



詳細・参加お申し込みは下記のPDFチラシをご覧ください。



●藤田 文武氏 公式ホームページ
https://fumitakefujita.com/

●一般社団法人政経倶楽部連合会 公式ホームページ
https://www.seikei-club.jp/



2022/07/26のBlog
[ 22:29 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
いつも八尾中央産業クラブでお世話になっている、

八尾/仏壇通りにあります、

八光堂仏具店(https://hakkodou.com/

の三代目社長・松本圭司さん。



八光堂仏具店の仏壇製造部門である

松本仏壇製作所さん

https://www.matumotobutudan.com/

へ行ってきましたぁ~(^0^)!



我が大橋家/分家一代目である亡き私の父(三男)

のための仏壇を購入させて頂いたことに加え、

私の父方の祖父母など

【大橋家先祖代々】が入るお仏壇のリフォームを

現在お願いしており、

そのリフォーム中の作業現場を、

松本社長にご案内頂きました。



この大きくて立派なお仏壇は偶然にもおよそ45年前

(二代目社長さんの時代/私の祖母と長男の叔父の時代)、

この松本仏壇製作所さんで製造し、

八光堂仏具店さんで購入したものやったんです(驚)☆



そんなことを全く知らず、

16年前に入会した八尾中央産業クラブで、

私を通してまた大橋家と八光堂仏具店が繋がるとは、

本当に摩訶不思議なご縁です。



45年程経っても十分綺麗な仏壇だったのですが

諸事情あって、次男である叔父(元気で生きてます♪)の家に、

このお仏壇を引っ越しさせることになり、

この移動の機会にリフォーム依頼をすることになりました。



松本仏壇製作所さんは仏壇本体を【ゼロ】から作っている、

今となっては数少ない仏壇・仏具の製造メーカーで、

カスタマイズも多種多様。工業製品とは

また違った角度からの「ものづくりの町八尾」の

幅広さ/奥深さを、今回の見学で改めて感じました。

関西テレビの長寿番組「よ~いドン!」の人気コーナー

「となりの人間国宝さん」にも認定されているとのことです。



この日、工場内に置かれた大橋家の仏壇は、

まるで新品のように、美しく輝いていました!

っていうか、「これ、大橋さんとこのお仏壇です」と

松本社長に言われるまで全く気づきませんでした^^;☆



やっぱり45年も経つと、くすんでくるし、錆びてくるし。。。

やっぱりリフォームってえぇなぁ~!って改めて感じました。

お仏壇の網風の扉も、キンキラになっていました☆☆☆

そして我が家の仏壇の扉の金箔が貼られている最中に

お邪魔させていただき、

4代目予定者の松本社長の息子さんが、

軽やかに金箔を貼っておられました。

(しばらく鹿児島で金箔貼りの修行をされてはったそうです。

本当はこんなにも軽やかに貼れないようです^^;)



工場内には、お仏壇だけではなく、

あっちこっちのお寺で見る仏具もたくさんあって、

お寺大好きのよしこちゃんにとっては

めちゃくちゃ萌えぇ☆な場所でした(笑)♪



金箔貼りだけではなく、様々な工程に専門の職人さんがおられ、

中には50~60年も同じ作業を同じ場所で

やり続けておられるのことです。

ただ、人は必ず老いていきますので、

弟子や孫弟子(若い職人さん)も入っておられ、

老若男女が黙々と真剣に、そして一所懸命、

最高の仏壇・仏具を作り出すために生き生きと働いておられ、

めちゃくちゃ感動いたしました。

日本のものづくりの職人さん・・・

本当にすてき&すごいっ(^0^)!!!



9月上旬に、我が大橋家にリフォームされた

仏壇が帰って来ますので、今からとっても楽しみにしています。



大橋家先祖代々のみなさまが、

あんなに美しいピカピカの仏壇(=たましいの家)に入れて、

本当に嬉しい!幸せ!って、

霊界からワクワクして観ておられそうです^^♪



たまたま次男の叔父の家には、

このお仏壇が入る場所があって、本当に嬉しいです。

(私の父は信仰心ゼロたったために、

我が家には床の間や神棚、仏壇を入れるための場所、、、

日本古来の宗教的スペースは一切ありません、涙)



そしてこれからも、日本の匠の技がステキに継承され、

発展して行きますように、心から願っております(=人=)宇留祈☆



前のページ   |   次のページ