ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
いわきアリオスブログ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:179件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2009/03/18のBlog
皆さまお待たせいたしました!

いわきアリオスの新しいWEBサイト
Alios Style
がスタートしました。

ブログの方も新サイトで更新しておりますので
ぜひ、ご覧ください。

また、今後、こちらのブログは
一定期間の後、閉鎖させていただきますので
ブックマーク等のご登録は新サイト

http://alios-style.jp

でお願いいたします。

今後とも、いわきアリオスをよろしくお願いいたします。
2009/03/01のBlog
[ 18:56 ] [ いわきでつくるシェイクスピア ]
2月25日(水)17:30~21:30
執筆者:星和利(客演)

本日のメニュー
・立ち稽古(2幕1場~3幕4場)


「ええい、必要を論ずるな。
どんな卑しい乞食でも、
その貧しさのなかに
なにかよけいなものをもっておる。」

今日、稽古した2幕4場で、
リア王が、娘たちへの怒りが頂点に達した時に
言うセリフです。

好きなんですよ、このセリフ。



あと3週間後に本番?!!

ヒェ~~~、頑張らねば!
[ 18:56 ] [ いわきでつくるシェイクスピア ]
2月23日(月)18:30~21:30
執筆者:斎藤芳(客演)

本日のメニュー
・立ち稽古(1幕1場から)


今回、2度目の出演をさせていただきます、
斎藤芳です。

前回、「間違いの喜劇」で、
アンティフォラス兄の役をやらせていただきました。
「リア王」ではエドマンド役をやらせていただく予定です。

エドマンドは自分の出生へのコンプレックスもあり、
誰も信じず、女はもちろん、兄や父でさえ巧みに陥れ、
権力を手に入れようとする、いわゆる典型的な悪役です。

シェイクスピア作品には、他の戯曲同様、
様々な悪人が登場します。

しかし、シェイクスピアの大きな特徴、魅力として、
彼らには彼らなりの確固たる信念、正義をもって生きている
ということが挙げられます。

考えてみれば、身近にある家族や地域のいさかい、
果ては国と国との戦争も、
それぞれの正義のすれ違いなのかなぁ
と考えさせられます。

そんな角度から「リア王」をご覧いただくのも、
また違った楽しみ方をしていただけるかもしれません!


次は星さん!
2009/02/28のBlog
[ 19:51 ] [ アリオス日誌 ]
いわきアリオスに新しいWEBサイトが登場します。
その名も「Alios Style(アリオス・スタイル)」。

ん?どこかで聞いたことが・・・

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
WEBサイトでは、音だけでなく、
動画もご覧いただけるようになります。
(あ、もちろん、これまでどおり、ラジオの方もよろしくお願いします)

というわけで、ブログも新サイトにお引っ越しするため、
しばらく文字のみの更新となります。

写真付きの記事は新サイトの方にアップしますので、
どうぞお楽しみに!
2009/02/24のBlog
[ 10:18 ] [ いわきでつくるシェイクスピア ]
2月22日(日)13:00~20:30
執筆者:小林清秀(客演)

本日のメニュー
・立ち稽古 5幕他


昨年の
「間違いの喜劇」に続いて客演させていただきます
小林です。

“間違い”から8ヶ月しか経っていないのに、
世の中の様相は悪い方に一変してしまって、
心ならずも、悲劇「リア王」が
より意味深いものになった気がします。

稽古も立ちに入り、私も
たぶん他の出演者も
苦悩の真っただ中にいます。

稽古場は、ある意味
傷つけ傷つけられる場ですから
当然涙も流れます。

僕らはそういった場には慣れているのですが、
じゃあ若い人たちにどう乗り越えてもらうかと考えました。

まぁベタではありますが・・、
東京で生のゴッホの絵を見たとき、
やはり衝撃を受けました。
ゴッホの絵筆を握る手ににじむ
血が見えた気がしたからです。
本を読んで感銘を受けたとき、
作者が血を流しながら書いているさまが
浮かびました。

感動や衝撃は、
血を持って与えうるものだと
僕は理解しました。

僕らが流しているのはせいぜい汗や涙です。
僕にも汗や涙を惜しみなく流す覚悟が必要です。

お客さんに血の色を感じてもらうために・・。

[ 09:07 ] [ いわきでつくるシェイクスピア ]
3/21(土)・22(日)の本番に向け、
稽古真っ最中のいわきでつくるシェイクスピア。
今年も豪華客演の皆さんにお越しいただいています。

去年に引き続き、
前田恭明さん
小林清秀さん
斉藤芳(かおる)さん
そして、今年初登場の
星和利さん。

今年は、客演の皆さんにも稽古場日記を
書いてもらうことになりました。
トップバッターは前田さんです!



2月21日(土)13:00~20:30
執筆者:前田恭明(客演)

本日の稽古内容
・発声練習
・立ち稽古


大変! 超大変っ!!

何が?



花粉がーっ!!!

目はカユいし、鼻は詰まるし、頭は重いし、
この時期、生きていることがツラくなる………

って、いやいや!
確かに花粉も大変だが、
もっと俺を苦しめるのが『リア王』なのだ!

こやつは、一筋縄では行かぬ。

立ち稽古に入って4日目。
一幕から順次、荒立ちして、
出捌け口を決めたり、
立ち位置を決めたり…。

それほど、ハードな稽古内容ではない。
なのに、異常に疲れる。
立ってるだけで疲れるのだ!

悲劇の大作『リア王』…潰されそうだ。

だが、負けない!!

全身から情念の汁を垂れ流し、
劇場全体を濃密な空気で満たすまで。
2009/01/28のBlog
[ 20:45 ] [ アリオス日誌 ]
アリオスを拠点に
「あんなことやってみたい!」
「何か面白いことしたいな~」
という、もやもやを話し合うミーティング、アリオスプランツ。

これまでずっと、アリオス2階のカンティーネで
やってきていたのですが、26日(月)のプランツでは
「たまにはアリオスから出てみよう!」
ということになり、まとめ役をお願いしている
美術家・藤浩志さんと一緒に、小川公民館に「おでかけ」しました。

小川の魅力や、面白そうな人や場所、
地域の伝統芸能について、などなど
「やってみたい!」の種がいっぱい出ました。

アリオスプランツは、誰でも自由にご参加いただけます。
次回のミーティングは
2/27(金)19:00~21:00@アリオス2階 カンティーネ
です。

こんなイベントやってみたい。
仲間を増やしたい。
何かしたいけど何をしたいかはよくわからない。
とにかく人と話したい。

そんな皆さん、ぜひ、いらしてください。
申込みなどは必要ありませんが、
いきなり行くのはちょっと不安という方は
アリオスチケットセンターまでお問合せください。

アリオスチケットセンター
0246-22-5800
2009/01/26のBlog
[ 16:28 ] [ アリオス日誌 ]
まもなく公演となる
満塁鳥王一座「女中たちのボレロ」

作・演出の大信ペリカンさんと、
「女中たち」のうちの一人、神永真紀さんが
ラジオ収録のため来館されました。
神永さんは、いわきの演劇集団嘘憑堂(うそつきどう)で
活動されている女優さんです。

収録されたインタビューは
2/11(水・祝)のラジオ「Alios Style」で放送されます!
お楽しみに。
★FMいわき 76.2MHz
毎週水曜 あさ7:14頃から

この後も、演劇プロデューサー今尾さんと
マスコミ各社を回って公演PRをされたお二人でした。

注目の若手劇団といわきで活躍する女優さんの共演です。
ぜひ、ご覧ください。
2009/01/21のBlog
[ 18:30 ] [ アリオス日誌 ]
今日の大ホールは、
「中高年のアイドル」、
綾小路きみまろさんの爆笑スーパーライブが
行われていました。

終演後はお客様でいっぱい!
グッズを買い込んだり、
きみまろさんのものマネを交えて
ライブの様子を楽しそうに話しながら
帰っていかれるお客様もいらっしゃいました。
2009/01/20のBlog
[ 18:53 ] [ 音楽ワークショップ ]
18日の「池田昭子 オーボエ・ファンタジー」を
終えた、池田さんとバスーンの佐藤由起さんによる
「池田昭子&佐藤由起ダブルリードクリニック」
が行われました。

音楽小ホールでは
池田昭子さんが中高生たちに一人ずつオーボエを吹かせ、
口の使い方や音色の大切さ、
時にはねじを手に楽器の調整を行うなど丁寧に
指導をされていました。
稽古場のバスーン組は、
佐藤さんがレベルの高さにびっくりされ、
練習だけではもったいないからと曲の演奏をすることに。
ジブリの「さんぽ」をみんなで大合奏。
なんともわきあいあいとした雰囲気でした。

オーボエやバスーンは複雑な構造を持っていて
音を出すのがとても難しいのだそうです。
しかも、演奏人口が少ないため、吹奏楽で
指導に苦労されている先生方や
上達の過程で苦労している学生さんも多いそうです。

皆さん、いきいきとした表情で指導を受けていました。
前のページ   |   次のページ