ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
地球・人間環境フォーラムの活動紹介【番外編】
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:53件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2013/10/21のBlog
ボルネオの熱帯雨林で進むプランテーション開発について報告するセミナーを開催します。是非ふるってご参加ください。

10月28日(月)14:00~16:00@会議場内海(最寄:JR水道橋駅)
-------------------------------------
日時:2013年10月28日(月)14:00~16:00

会場:貸会議場 内海 101会議室


【アクセス】http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

プログラム(内容は予告なく変更となる場合がございます)
1. 「消えゆくオランウータン~タンジュン・プティン国立公園周辺地域での違法な農園開発」〈インドネシア〉
石崎雄一郎(ウータン・森と生活を考える会)、中司喬之(熱帯林行動ネットワーク)

「タンジュン・プティン国立公園は中央カリマンタン州に位置する、絶滅危惧種に指定されているオランウータンの残された棲息地の一つであり、その姿を一目見ようと日々多くの観光客で賑わっている。しかし、保護されるべきはずの国立公園でさえもプランテーション開発の対象地となりつつある。この地域での農園開発を計画している企業とその農園開発の渦中に置かれているオランウータンの現状について報告する。」

2. 「買ってはいけないサラワク州のパーム油~裁判所も無視する『危ない企業』と権利に目覚めた先住民族」〈マレーシア・サラワク州〉
トム・エドワードソン(サラワク・キャンペーン委員会)

「日本への熱帯木材輸出で森林資源が枯渇し、危篤状態にあるサラワク州の熱帯雨林は大規模アブラヤシ・プランテーション開発に葬り去られようとしている。太古の昔から森に頼って暮らしてきた先住民族は、林道にバリケードを張って必死に抵抗してきたがブルドーザーを止めることができなかった。しかし、権利に目覚めた森の民はプランテーション企業を提訴し、次々と勝訴し始めている。腐敗した政治家と太いパイプを持ち裁判所の判決を無視して操業を続ける企業に対して住民は、さらに知恵を絞って闘いを繰り広げている。その現場の生の声を届けたい。」

共催
メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、サラワク・キャンペーン委員会、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部

参加費:無料

お申込み
以下のURLに必要事項を記入してご登録ください。
https://docs.google.com/forms/d/1LbFygG20GTLd-Oq6zzbqSHjbuQL6_YsYMOBR3R-ILCw/viewform

もし上記リンク先から登録ができない場合、お問い合わせ先まで以下の必要事項をお送りください。[ご氏名・ご所属・メールアドレス・電話番号]

お問い合わせ:メコン・ウォッチ
Tel: 03-3832-5034 Email: event@mekongwatch.org

本セミナーは地球環境基金から助成を受けています。
2013/09/24のBlog
[ 16:28 ] [ グローバルネット ]
当方で発行している『グローバルネット』の2013年の4月号で特集したネオニコチノイド系農薬について、NHKのクローズアップ現代でも取り上げられました。(2013年9月12日(木)放送)

謎のミツバチ大量死~EU農薬規制の波紋

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3401_all.html

映像は見れませんが、放送内容を書き起こした文章と写真などが見ることができます。

是非お読みください。

ネオニコチノイド系農薬を特集したグローバルネット(2013年4月号)の目次

2012/12/06のBlog
東南アジアの国際河川の生態系と人の暮らしは、経済や金融を最優先する大規模開発によって危機に瀕しています。
 今年ついに、議論が続いていたメコン河本流での大規模ダム建設がラオスで始まろうとしています。また、カンボジアのメコン河支流スレポック川では上流のベトナムで、日本の支援による新たなダム開発が始まります。一方の日本国内では、市民の環境問題への関心と大型インフラ建設による将来世代への負担増への懸念から、従来の河川開発が変化する兆しが見えています。
 今回のシンポジウムでは、河川開発により生活を脅かされているカンボジア、タイの住民代表と熊本県の荒瀬ダムの撤去を見守る在野の研究者をお招きし、流域の人びとが育んできた生活や知恵を尊重した河川開発はどうしたら実現できるのか、また日本で起こったような環境破壊の失敗を繰り返さないために、私たちは何ができるのかを議論します。

詳細:http://www.mekongwatch.org/events/lecture01/20121215.html

◆日時:2012年12月15日(土)13:00~17:00

◆会場:法政大学市ヶ谷キャンパス58年館5階858教室
 (http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html)
 【JR線・地下鉄各線】 市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分

◆プログラム(予定)
1.メコン河を巡る状況
2.映像によるメコン河流域の暮らしの紹介
3.セサン・セコン・スレポック川(3S)の流域ダム開発の現状と人びとの暮らし
4.メコン河本流ダム開発と暮らしへの影響
5.川の再生:熊本県の球磨川と荒瀬ダムの撤去

◆講師(予定)
ニワット・ロイゲオ(メコン河流域8県タイ住民ネットワーク:タイ)
チャンナロン・ウォンラー(東北タイ7県住民ネットワーク:タイ)
ミッチ・ミヤン(3S川保全ネットワーク:カンボジア)
ソキット・ネン(3S流域住民:カンボジア)
つる祥子(自然観察指導員熊本県連絡会副会長)

◆資料代 500円 (メコン・ウォッチ会員・協力団体会員 無料
 学生 無料/学生証の提示をお願いいたします)

◆お申込みは下記から
http://goo.gl/5uces または
メールにて(1)ご氏名、(2)ご所属、(3)ご連絡先をご送付ください。
送付先:event@mekongwatch.org

◆協力
地球・人間環境フォーラム

◆問合せ
メコン・ウォッチ
E-mail:info@mekongwatch.org
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F
電話: 03-3832-5034/ファックス: 03-3832-5039

※開催にあたっては三井物産環境基金の支援をいただいています。
※地球・人間環境フォーラムは協力団体です。
2012/10/05のBlog
[ 13:10 ] [ 日々の活動 ]
「環境団体」と聞いて、どのような活動をしているのかわかりませんでした。謎です。10日間終わった今でも謎です。地球・人間環境フォーラム(GEF)は、様々な活動をしているので10日間という短い期間で、わたしには謎を解明することはできませんでした。

謎を解明しようと奮闘しながらの日々の中で、最も印象に残っていることは電話。着信音が鳴る度に、怖いという感情に負け、皆さんのスピードに敵わず2回しか出ることができませんでした。

次に印象に残っていることは、出会った方たちに関して。GEFの方たちもそうですが、みなさん「自分」をきちんと持っていらっしゃいました。わたしも柔軟性を持ちながらも、揺らがない「自分」を見つけたいです。

今回、環境問題に関して少しですが知識が増えました。これからは、この少ない知識を増やしていきながら、友人にも環境問題に興味を持ってもらいたいです。「環境問題を考えよう。」となると気が引けますが、もう少し身近なところから環境について一緒に考えていけたらいいと思います。

わたしができることは、あまりないかもしれないけれど少しでもいいので環境問題に関して興味を持ってくれるような同世代が増えたらいいなと思います。

この10日間を、ただの思い出にするのではなくここからさらに成長します。

跡見学園女子大学 
マネジメント学部 生活環境マネジメント学科 
高橋歩美
前のページ   |   次のページ