ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ女性会議だより
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:940件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2018/02/18のBlog
政府は16日の閣議で、新たな「高齢社会対策大綱」を決定した。
少子高齢化の進展と平均寿命の伸びを踏まえ、65歳以上を一律に「高齢者」と見なす傾向を改めるよう提唱。

高齢者の就労促進で労働力を補うため、60~64歳の就業率について2016年の63.6%を20年に67.0%まで引き上げる目標を設定した。
公的年金の受給開始を70歳超でも可能とする制度改正の検討も盛り込んだ。
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-kouseiroudou20180216j-01-w420

高齢社会対策大綱(平成30年2月16日閣議決定)</b>http://www8.cao.go.jp/kourei/measure/taikou/h29/hon-index.html


2018/01/27のBlog
ストーカー加害者の4人に1人が、自らの行動をストーカー行為と認識していないことが、静岡県警が実施した意識調査で分かった。25日に警察庁が各県警本部の担当者らを集めて開いた連絡会議で示した。

 調査は加害者心理を把握する目的で2016年6月~17年5月に初めて実施した。ストーカー規制法に基づく警告などを受けた加害者117人が対象で、104人から回答を得た。被害者との関係は交際相手や元交際相手が半数近くを占めた。

 当時の被害者への気持ちを複数回答で尋ねたところ、「元の関係に戻りたい」が41・3%で最も多く、「自分を理解してほしい」30・8%、「憎しみや怒りがある」26・9%と続いた。「ストーカー行為をしていると思っていない」は25・0%だった。ストーカー行為をした際の状況(複数回答)では、「寝付けなかった」が35・6%、「仕事や学業に集中できなかった」が33・7%など。「自殺や自傷を考えた」も20・2%あった。

 県警はストーカー被害を抑制するため、加害者に治療やカウンセリングを促す取り組みを進めている。人身安全対策課の担当者は「被害者の安全確保には加害者対策も必要。医療機関やカウンセラーとの連携を強化していきたい」と話す。http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/450519.html?news=374814

ストーカー被害にあわないために
https://www.npa.go.jp/cafe-mizen/index.html

2018/01/21のBlog
日本政府は国民保護の観点から、Jアラートを利用したミサイル警報についての広報活動に力を入れています。
実際にミサイルが発射され、Jアラートが発動されたとき、私たちは自分の身を守るためにどのような対応行動をとればよいのか。

Jアラートの警報ってどんな音? 
Jアラートはミサイルだけに対応しているわけではありません。
緊急地震速報や津波警報などの自然災害に関する警報、原発などの重大事故に関する警報、テロやミサイル、空襲などの国民保護事案に関する警報を含む総称です。それぞれの危機に対して多様な方法で情報伝達するためのシステムがJアラートです。

このJアラートの警報は、電子的な警報音のあとに、短い文章で警報の内容、メッセージを知らせるアナウンスが流れます。警報音とアナウンスは、内閣官房の国民保護ポータルサイトで聞くことができます。
 実際にミサイルが発射されたとき、すみやかに対応するためには、Jアラートの警報音とメッセージの内容について、事前に確認しておくことも重要です。
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170712-OYT8T50006.html?page_no=4&from=yartcl_page

内閣官房の国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/pc-index.html
弾道ミサイルに関してJアラートを使用する場合
北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、政府は、全国瞬時警報システム (Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。 Jアラートを使用すると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・ 緊急速報メールが配信されます。

2018/01/14のBlog
学校からセクシュアルハラスメント(以下、「セクハラ」と略記)をなくすために、教育委員会の取組みを紹介するとともに、万一、児童・生徒、保護者の方々がセクハラ被害を受けた場合にどのように対応したらよいか、その方策を示したものです。

生徒用リーフレット「なくそう!セクハラ4」(PDF:535KB)の配付(県立高等学校,県立特別支援学校高等部生徒へ配付。啓発資料として公立小中学校へ配付)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/syokuin/
sekuhara/documents/nakusou_sekuharah26.pdf


学校でセクハラ行為を受けたときにはどうしたらよいか(1)児童・生徒向け
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/syokuin/sekuhara/
学校で、先生や異性の同級生などから、体をさわられたり、体のことについて性的なからかいを受けたり、また、「男のくせに」「女は女らしく」など性別に基づく発言・行為を受け嫌な思いをさせられたとき、どうしたらよいでしょうか。
*勇気を出して、嫌なことは嫌だと言いましょう あなたが嫌だと感じる性的な言動は、セクハラです。あなたが、恥ずかしさや恐ろしさで黙っていると、いつまでもセクハラは続くかもしれません。
また、相手は、あなたが嫌だと感じていることに気付かなかったり、あなたが相手の言動を受け入れていると思い込んでいるかもしれません。
嫌なことは勇気を持って嫌だということがとても大切なことです。

*親や、友達、信頼できる先生に話しましょう。
あなたが、嫌だと言っても、相手は、セクハラを止めないかもしれません。自分一人で悩まないでください。あなたの回りに助けてくれる人は必ずいます。
学校には、セクハラ相談のための窓口が置かれています。校長先生、教頭先生、その他何人かの先生が、セクハラ相談員としてあなたの悩んでいる相談に乗ってくれます。あなたのプライバシーは守られます。
一人で悩むより、相談したほうがずっと早く解決できます。

*学校以外にも、相談できる機関があります。あなたの回りの人達に相談できる人がいないときでもあきらめてはいけません。教育委員会やいろいろな場所で、セクハラを始め様々な悩みの相談に乗り、あなたを助けてくれる機関があります。

「スクールセクハラ 声をあげはじめた被害者」/金曜イチからNHK
学校で起きる性被害「スクールセクハラ」。昨年度わいせつ行為で処分を受けた教師数は、過去最多の226人にのぼる。しかしこの数は氷山の一角とも言われ、被害の実態は隠れてしまっている。背景には、教師と教え子との間の「力関係の大きな差」、「被害が表に出にくい構造」がある。一方、性被害が子どもに与える影響は大きく、卒業後何十年も苦しむ被害者もいる。どうすれば被害を防げるのか
コメンテーター:神奈川大学名誉教授…入江直子
http://www4.nhk.or.jp/ichikara/5/

知っていますか?スクール・セクシュアル・ハラスメント一問一答 単行本亀井 明子 (著)

2018/01/08のBlog
[ 20:47 ] [ ニュース記事より ]
新年おめでとうございます
いつもご覧いただきありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

春の七草は、芹(せり)、薺(なずな・ぺんぺん草)、御行(おぎょう・ごぎょう)、繁縷(はこべら)仏の座(ほとけのざ・たびらこ)、菘(すずな・蕪)、蘿蔔(すずしろ・大根)。全部いえますでしょうか?-
 昔は「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞななくさ」という並べ歌で覚えたものです。1月7日は七草粥の日と覚えている人も多いかと思いますが、その背景には長い歴史と伝統、文化があります。
.一年で最初にやってくる大切な節供「人日」と七草粥の由来

元は七穀粥だった
 お正月や節分、雛祭りなど、数々の伝統的な年中行事が行われている日本。
その中でも、江戸時代に特に大切な公式行事として定められたのが人日(じんじつ、と読みます)、上巳(雛祭り)、端午、七夕、重陽の「五節句」です。節句というと雛祭りや端午の節句(子供の日)がよく知られていますが、5つの節句のうち、1年の最初を飾るのが1月7日の人日です。

人日には七種の植物を入れた吸物を食べる風習があり、それが平安時代頃に日本にも伝わり、七種の穀物で作る粥を食して一年の豊作と無病息災を祈る行事となりました。この七穀粥が、それ以前から日本にある年明け最初の子(ね、十二支の最初)の日に若菜を摘む風習と結びつき、七種の若菜を入れた粥を食する節句となったと言われています。

君がため春の野に出でて若菜つむわが衣でに雪は降りつつ〉 『小倉百人一首』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000018-wordleaf-cul&p=2


2017/12/24のBlog
無線LANに使われている主要な暗号化関連技術に深刻な欠陥があり、やりとりするメールや個人情報を盗み見されるといった可能性があることが17日までにベルギーの研究者の調査で分かった。国内の情報セキュリティー機関も17日、注意を呼び掛けた。

 米マイクロソフトなど既に修正ソフトを公開した会社もあり、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)は適用するようアドバイスしている。ほかのソフト会社や端末メーカーも対応を進めている。
 欠陥が分かったのは「WPA2」という技術。現在使われる中では最もセキュリティーが強固とされ、推奨されていることからセキュリティー業界や利用者の間で驚きが広がった。

 研究者の発表などによると無線LANルーターとパソコンなどの端末間で「暗号鍵」の情報をやりとりする際に、ハッカーが割り込むことができる。端末をハッキングして、以降の通信をのぞき見できるという。http://www.sankei.com/economy/news/171017/ecn1710170030-n1.html

◆重要なお知らせ - > ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータ ...
http://www.logitec.co.jp/info/2017/1219.html

2017/12/21のBlog
地球の歴史で約77万~12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったことが13日、関係者への取材で分かった。
この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し、命名を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを一次審査で破った。週内にも発表する。正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が付く快挙となる。

日本チームとイタリアの2チームは6月、この年代の国際標準となる基準地の地層を国際地質科学連合にそれぞれ申請。各国の専門家で構成する作業部会が審査し、今月10日を期限に投票を行った結果、日本が全体の6割以上の支持を得て候補地に選ばれた。
http://www.sankei.com/life/news/171113/lif1711130023-n1.html
写真http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/286102.html

2017/12/16のBlog
[ 18:47 ] [ 女性と健康 ]
【予防しよう!インフルエンザ】
 インフルエンザは通常のかぜと比べ、症状が重く、高熱(38~40度)や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感、咳や痰などの全身症状も顕著に現れます。また、潜伏期間が短く感染力が強いことも特徴です。

 高齢の方、基礎疾患を持つ方(慢性呼吸器疾患や糖尿病、免疫機能不全など)、妊娠中の方、乳幼児は合併症を併発し、重症化や、最悪の場合は死に至ることもあります。インフルエンザと思われる場合は、早めに医療機関に受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

 インフルエンザ予防の基本は、1.ウイルスを体内にいれない 2.規則正しい生活をして、からだの抵抗力を高めることです。次の予防策を参考に、インフルエンザを予防しましょう。

◆セルフケア◆ 
1.手洗い・うがいを励行しましょう 2.室内の湿度を保つ(湿度50~60%) 3.睡眠・栄養をしっかりとる 4.からだを冷やさない(体温調節をしましょう) 5.適度な運動で抵抗力をアップ 6.禁煙(禁煙で呼吸器粘膜を正常に保つ) 7.咳エチケットでうつさない!広めない!(鼻までしっかり覆い、マスクを正しく着用しましょう)

◆我孫子市保健センター
http://www.city.abiko.chiba.jp/kenko/kenkou/kansenshou/influenza/joho.html

◆国立感染症研究所感染症情報センター
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

2017/11/21のBlog
夫婦の家事分担ギャップ、主要国ワーストは日本
 イバンカ・トランプ米大統領補佐官の演説などで注目された政府主催の国際女性会議(WAW!)。そこで関心を呼んだのは、「無償労働の分配」、つまり家事や育児といった報酬を伴わない家庭内労働の分担です。世界屈指の「ワンオペ育児」で知られる日本が変わるために何が必要なのか・・・・https://news.yahoo.co.jp/pickup/6261691

◆ 国際女性会議WAW!(WAW! 2017)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page23_002203.html

ワンオペ育児
何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある


2017/11/12のBlog
今から!さらに楽しい時間を過ごすために! 「働く」「学ぶ」「遊ぶ・楽しむ」「地域貢献」をキーワードに、シニア世代が地域でいきいきと過ごすための情報をまとめました。ぜひご活用ください。

目次
1. 統計から見る我孫子市のシニアの地域参加
2. 私はこうして地域参加
3. 自分に合った活動を始めてみましょう!
4. 地域の情報を集めたい方はこちらから
5. まずは出かけてみませんか?

◆「オトナのための地域参加ガイドブック」詳細は下記我孫子市HPをご覧ください。
http://www.city.abiko.chiba.jp/kenko/koureishafukushi/
seikatsushien/jouhousassi.html



前のページ   |   次のページ